New!

 RSS
ミニ講義「改元について考える」を実施しました08/21 11:38
【講義概要】  「平成」から「令和」に改元されて数ヶ月経ちました。今回の改元は、「生前退位」だったこともあって、はじめて改元が日本の社会でお祭り騒ぎとしてもてはやされたのではないかと思います。しかし、マス・メディアで騒がれたわりには、元号とはなにか、元号制度に潜む問題について十分に議論されませんでした。  この講義では、日本の元号とはどういうもので、どのような経緯で使われるようになったのかを...
Index 2019/8/12〜8/1808/19 10:45
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title:60歳以上労災死傷者急増、4分の1占める 転倒、腰痛 サービス業で Source:毎日新聞 Date:2019/08/18 https://mainichi.jp/articles/2019081...
Index 2019/8/5〜8/1108/19 10:45
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title:大学入試の民間英語試験に疑問 揺らぐ公平性 地方受験生の負担大きく 高校側が文科省に要望書 Source:産経ニュース Date:2019/08/10 https://www.sankei.com/...
文学部支部機関紙「けやき」No.613発行しました08/07 13:33
◯2019年度支部委員会発足にあたって出来るところから、しかし着実に新支部長あいさつ 芦名 定道○新支部委員会研究科長と事務長にご挨拶○2019年度支部委員会メンバーをご紹介します。
2019/7/29〜8/4 Index08/05 12:00
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title:氷河期世代がこんなにも苦しまされている根因 Source:東洋経済オンライン Date:2019/08/04 https://toyokeizai.net/articles/-/294230 T...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2019/05/13

ミニ講義「構内ビオトープ池を活用した教養教育のための環境教育教材の開発」の収録映像を掲載しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office

演 題:「構内ビオトープ池を活用した教養教育のための環境教育教材の開発」

講 師:幡野 恭子 氏 人間・環境学研究科 相関環境学専攻 助教

日 時:2019年3月29日(金) 昼休み

会 場:組合事務所 会議室




【講義概要】
地球環境問題が深刻化する中、持続可能な社会をつくるために、大学の教養教育における環境教育の必要性が高まっています。学生が身近に自然観察を出来る場を提供するために、構内にビオトープ池(230L)10面を設置しました。この池を活用し、生息する生物や微細藻類と自然環境の関わりを考察するための教材開発を行っています。今回の講義では、構内ビオトープ池の概要,全学部1〜4回生向けの生物学実習と1回生向けの少人数ゼミにおける実践内容について紹介します。

【講師略歴】
講義略歴:幡野恭子(はたの・きょうこ)
     現職:京都大学大学院人間・環境学研究科 相関環境学専攻 助教
     奈良女子大学大学院人間文化研究科修了

17:55 | 投票する | 投票数(0) | ミニ講義