New!

 RSS
Index 7/27〜8/208/03 14:30
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title:深夜・休日の在宅勤務、容認姿勢を明確に 指針改定へ Source:大学ジャーナルオンライン Date:2020/08/02 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
Index 7/20〜7/2607/27 12:00
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title :パラグアイ学費無償化/全8公立大で実施へ/上院可決、学生「運動の勝利」 Source :しんぶん赤旗 Date :2020/07/26 https://www.jcp.or.jp/akahata...
本日(7/20(月)8:30~15:00)、総長選挙にかかわる意向投票です07/20 10:55
教職員のみなさま  総長選考にかかわる「意向調査」が本日の8:30~15:00にかけておこなわ れます。  前回の総長選挙がおこなわれた6年前に比しても、「トップダウン」の意 思決定という仕組みが格段に強化されています。そのことを考えるならば、 誰が総長になるかという問題は、わたしたち教職員の労働条件、研究・教 育・医療をめぐる環境にも大きくかかわってくると考えざるをえません。  こ...
公開質問状への回答に対する所見(京都大学職員組合中央執行委員会)07/15 13:09
 京都大学職員組合中央執行委員会は、総長選挙の候補者5氏から寄せられた総⻑選挙にかかわる公開質問状の回答(質問1を除く)についての所見を発表しました。なお、この所見は、候補者のご回答と併せて職員組合ニュースにも掲載し、学内配布いたしております。 【質問2】「政府の科学政策について」は、科学技術法基本法改正を基本的に歓迎する大嶋氏、湊氏、その問題点を強調する時任氏、寶氏、国会で決められた法...
職員組合ニュース2019年度第12号を発行しました07/15 12:35
○総長選挙にあたっての公開質問状回答質問1.京都大学の存在意義と進むべき方向について質問2.政府の科学政策について質問3.教員の年俸制度導入について質問4.常勤教職員の削減計画について質問5.時間雇用職員の「5年雇い止め」制度について質問6.組合の掲示ボードについて○総長選考会議が発表した6人の候補者・大嶋 正裕(工学研究科)・北野 正雄(理事)・寶 馨(総合生存学館)・時任 宣博(化学研究...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2019/11/29

ミニ講義「大学共通テスト、その何が問題か」を実施しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office

演 題:「大学共通テスト、その何が問題か」


日 時:2019年11月25日(月) 17:30〜

会 場:京都大学本部キャンパス 総合研究2号館 法科第2教室



【講義概要】
 大学入学共通テストの導入が大きな社会的注目を集めています。英語民間試験の導入と国語・数学における記述式問題の採用が「改革」の目玉とされてきましたが、高校生や高校教師が中心となって地域や経済力による格差を指摘する中で、英語民間試験は必須のことではなくなりました。国語・数学における記述式問題については文部科学省が61億円でベネッセに採点業務を委託することになりましたが、学生アルバイトも利用しての採点で公正・公平を保つことができるのかという疑問が噴出しています。英語について、京都大学は民間試験の成績を「出願資格」の判断に利用するとしていましたが、その方針に問題はなかったのか、考えてみる必要があります。11月29日(金)には各国立大学が2021年度入試の変更点を改めて公表することになっています。京都大学はどのような判断をすべきでしょうか?
 そもそもなぜ、このような入試「改革」がおこなわれたのでしょうか?導入をめぐる手続きはどのようなものだったのでしょうか?英語を「話す」「書く」能力や思考力を養成することが大切だとして、それを実現するために本来ならばどのような入試改革が望ましいのでしょうか? 講師としてお招きする羽藤由美先生(京都工芸繊維大学教授、応用言語学)は、国会でも参考人として意見陳述され、「国立大学は若者を犠牲にすることに加担するな—迷走を続ける英語入試改革の現状」(『岩波書店 科学』2019年9月)などの論考を発表されています。Twitterでは「絶望の極みは、入学者選抜の実施主体である大学の教職員の多くがこの問題に無関心であること」とつぶやかれてもいます。たとえ遅ればせながらでも、「無関心」を克服し、実施主体としての責任を感じることのできる場としたいと企画しました。

12:14 | 投票する | 投票数(0) | ミニ講義