New!

 RSS
ミニ講義「植民地と戦争の歴史認識 —A首相の戦後70周年談話を手がかりに」の収録映像を掲載しました11/20 10:38
YouTube:https://youtu.be/T2fxCHx_v7o 講 師:江田 憲治 氏(人間支部|人間・環境学研究科 共生文明学専攻) 日 時:2018年11月8日(木)昼休み 会 場:組合事務所 会議室 資 料:181108講義で使用したスライド.pdf ※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。     ...
ミニ講義「秋田県の掛け合い歌「掛唄」:もうひとつの民謡として」の収録映像を掲載しました11/15 13:15
講 師:梶丸 岳 氏(人間支部|人間・環境学研究科 共生文明学専攻) 日 時:2018年10月30日(火)お昼休み 会 場:組合事務所 会議室 資 料:181030講義で使用したスライド.pdf ※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。 YouTube:https://youtu.be/hgAMB-idtW4 【講義概要】...
【ご支援御礼】吉田事業場過半数代表者候補 田中真介さんに投票を11/13 12:00
ご支援御礼 京都大学 吉田事業場過半数代表選挙は11月9日(金)に投票が行われました。  開票の結果、京都大学職員組合が推薦する田中真介さん(国際高等教育院准教授/京都大学職員組合元副中央執行委員長)が圧倒的信任多数を得て、2019年の吉田事業場過半数代表者に選出されました。田中真介さんへのご支援・投票をいただきましたことに、厚く御礼申し上げます。  吉田事業場過半数代表者となる田中真介さん...
【本日投票日、11:00~14:00です】吉田事業場過半数代表者候補 田中真介さんに投票を11/09 10:00
 本日、11月9日(金)に吉田事業場過半数代表者を選出する投票が実施されます。  京都大学職員組合は、当組合の元副中央執行委員長で国際高等教育院准教授の田中真 介さんを推薦しています。  本日の投票時間は11:00~14:00と短くなっています。お忘れないよう、必ず投票に行 きましょう。  教職員みなさんの信任の一票を田中真介さんにお寄せいただきますよう、よろしくお 願いします。...
【明日です】11/9(金)投票日 吉田事業場過半数代表者候補 田中真介さんに投票を11/08 11:00
 明日、11月9日(金)に吉田事業場過半数代表者を選出する投票が実施されます。  京都大学職員組合は、当組合の元副中央執行委員長で国際高等教育院准教授の田中真 介さんを推薦しています。  11月9日(金)の投票時間は11:00〜14:00と短くなっています。お忘れないよう、必ず投 票に行きましょう。  教職員みなさんの信任の一票を田中真介さんにお寄せいただきますよう、よろしくお ...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2018/03/16

本日、3/16(金)19:30~「ブラック企業」化する教育・研究の現場を考える勉強会

Tweet ThisSend to Facebook | by office
 本日、19:30~3/16(金)に京都大学職員組合も共催する表記の勉強会が法経本館2階第六教室で開催されます。
 ぜひ、ご参加下さい。

 福山和人さんは、京都府知事選の立候補予定者ではありますが、ここでは弁護士としてお話いただき、元文部科学官僚の寺脇研さんと討論していただきます。
 ただ、そうした機会を通じて、福山さんのお人柄とお考えをそれぞれに見極める機会としていきたいとも思っています。
夜遅い時間帯の開始となりますが、ぜひお集まりください。


------------------------------------------------------

「ブラック企業」化する教育・研究の現場を考える勉強会

  対論:寺脇研(京都造形芸術大学教授)
     ×福山和人(京都法律事務所弁護士)

日時:3月16日(金)19時半~21時
場所:法経本館2階第六教室
主催:駒込武(京都大学大学院教育学研究科教授)
司会:藤原辰史(京都大学人文科学研究所准教授)
共催:京都大学職員組合・市民環境研究所
参加費:無料(事前登録不要)
  
 今日の日本社会では、安定した地位と収入を得たならば「過労死」するまで働かされる。さもなければ、非正規の働き手として不安定な地位と低い収入を我慢させられる…。そんな二極分化が進みつつあります。いったん安定した職場をえたものの、あまりに苛酷な勤務状況に耐えかねて退社して非正規に転換、学生時代に借りた奨学金を返済できなくなる「奨学金破産」も大きな社会問題となっています。
 教育・研究の現場も、「過労死」から決して無縁ではありません。
 『京都新聞』(2018年3月2日付)の報道によれば、京都府内(京都市内を除く)の公立学校教員で「過労死ライン」とされる月80時間超に相当する残業をする教諭の割合は、小学校で52%、中学校で72%、高校で38%、特別支援学校では31%です。小・中学校は、全国平均を大きく上回っています。
 京都大学でも、正規職員の削減のために派遣社員方が増加する一方、ごくわずかな正規職員は毎日のように夜中まで残業せざるをえない状況となっています。
 こうした状況は、結局は、教育・研究の環境の劣化、質の低下へと跳ね返らざるをえません。
 なぜこのようなことになってしまったのでしょう?
 どうやってこの状況を打開していけばよいのでしょう?
 8時間普通に働けば普通に暮らせるはずの社会は、どこにいってしまったのでしょう?
 「ミスター文部科学省」として「ゆとり教育」を推進した寺脇研さん、教職員の超過勤務是正裁判で弁護団の一員として活躍された福山和人さんをお招きして考えてみたいと思います。
 教員・研究者志望の学生のみなさん、今日の就労状環境にあやうさを感じている学生のみなさん、京都大学で働く職員のみなさん、「ブラック企業」問題や教育問題に関心のある市民のみなさん、たくさんの方のご参加をお待ちしています。

12:25 | 投票する | 投票数(1) | 催事・学習会等