New!

 RSS
Index 7/27〜8/208/03 14:30
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title:深夜・休日の在宅勤務、容認姿勢を明確に 指針改定へ Source:大学ジャーナルオンライン Date:2020/08/02 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
Index 7/20〜7/2607/27 12:00
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title :パラグアイ学費無償化/全8公立大で実施へ/上院可決、学生「運動の勝利」 Source :しんぶん赤旗 Date :2020/07/26 https://www.jcp.or.jp/akahata...
本日(7/20(月)8:30~15:00)、総長選挙にかかわる意向投票です07/20 10:55
教職員のみなさま  総長選考にかかわる「意向調査」が本日の8:30~15:00にかけておこなわ れます。  前回の総長選挙がおこなわれた6年前に比しても、「トップダウン」の意 思決定という仕組みが格段に強化されています。そのことを考えるならば、 誰が総長になるかという問題は、わたしたち教職員の労働条件、研究・教 育・医療をめぐる環境にも大きくかかわってくると考えざるをえません。  こ...
公開質問状への回答に対する所見(京都大学職員組合中央執行委員会)07/15 13:09
 京都大学職員組合中央執行委員会は、総長選挙の候補者5氏から寄せられた総⻑選挙にかかわる公開質問状の回答(質問1を除く)についての所見を発表しました。なお、この所見は、候補者のご回答と併せて職員組合ニュースにも掲載し、学内配布いたしております。 【質問2】「政府の科学政策について」は、科学技術法基本法改正を基本的に歓迎する大嶋氏、湊氏、その問題点を強調する時任氏、寶氏、国会で決められた法...
職員組合ニュース2019年度第12号を発行しました07/15 12:35
○総長選挙にあたっての公開質問状回答質問1.京都大学の存在意義と進むべき方向について質問2.政府の科学政策について質問3.教員の年俸制度導入について質問4.常勤教職員の削減計画について質問5.時間雇用職員の「5年雇い止め」制度について質問6.組合の掲示ボードについて○総長選考会議が発表した6人の候補者・大嶋 正裕(工学研究科)・北野 正雄(理事)・寶 馨(総合生存学館)・時任 宣博(化学研究...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2019/03/04

2019年5月1日「天皇即位の日」の祝日化により非常勤職員の賃金が減収となることを回避する措置を講ずることを求めます

Tweet ThisSend to Facebook | by office

                            2019年3月4日

京都大学総長 山極壽一 殿

                   京都大学職員組合
                     中央執行委員長 江田憲治

     2019年5月1日「天皇即位の日」の祝日化により
非常勤職員の賃金が減収となることを回避する措置を講ずることを求めます

 日頃は京都大学の発展のためご尽力されていることに敬意を表します。
 さて、ご存知の通り、「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日
を休日とする法律(以後、『天皇即位の日』とする)」の成立により、本年5
月1日が祝日となりました。また、「国民の祝日に関する法律(以後、『祝
日法』とする)」の例により、5月1日前後の4月30日および5月2日も休日と
なり、いわゆるゴールデンウィークと呼ばれる期間が10日間に及ぶことにな
ります。
 当組合としては、一般論として労働者が休息できる休日の増加について反
対するものではありません。しかしながら労働者とは、賃金により生活の糧
を得る者であるので、休日に賃金が得られない労働者にとって休日の増加は、
生計に深刻な打撃を与えます。
 とりわけ本学においては、月給制や年俸制の教職員は、休日が増えても基
本的に賃金額は変わりませんが、時間給や日給で勤務する非常勤職員は、原
則として休日には勤務日が割当てられないため、休日が増えれば増えるほど
減収になってしまいます。労働組合にとって賃金は極めて重要な関心事項で
あるので、この問題を看過することはできません。
 最近の報道では、皇位継承に伴う10連休にかかる政府の対応方針として、
「時給や日給で働く労働者の収入が減ることに備えて、雇用主に対し、有給
休暇としたり、臨時の手当を出したりするなど、適切な配慮を呼びかける」
としたことが伝えられています。
 ついては、少なくとも本年限りの祝日である天皇即位の日の設定に付随し
て祝日法の例により祝日ではない休日となる4月30日と5月2日の両日に関し、
非常勤職員の減収を回避するための特段の措置を講ずることを求めます。

措置例としては、

● この両日が通常であれば勤務が割当てられる曜日である非常勤職員につ
いては、所定勤務時間相当の手当を支給すること。
● 非常勤職員については、この両日を勤務日として割当て、今年に限り2
日間の特別休暇を付与して、この両日に充てる。

 などが考えられます。
 真摯にご検討いただきますよう、よろしくおねがいします。
 なお、本要求は状況により団体交渉要求に追加する場合があることを申し
えます。

18:10 | 投票する | 投票数(7) | 団交・要求活動