New!

 RSS
文学部支部機関紙「けやき」No.609を発行しました12/11 11:55
○文学部・文系共通事務部のみなさまへ2018年度アンケート調査にご協力ください。*特定・特任教員・非常勤講師の方々*---組合に加入されていない方・派遣の方々も---回答期間:12月13日(木)~12月27日(木)投函場所:アンケート回収BOX(文学部事務室メールBOX歴史系の上に設置)Webサイト http://goo.gl/h7XmL7も是非ご利用ください。○新年会のお誘い(予告)201...
団体交渉を申し入れました11/26 18:40
 職員組合は2018年11月26日付けで、下記、要求事項にかかる団体交渉を申し入れました。  交渉日が固まり次第、組合員のみなさまにご案内いたします。 ★181126団体交渉申入書.pdf (下記、要求書のテキストです。) 2018年11月26日 京都大学総長 山極 壽一 殿                 京都大学職員組合                     中央...
ミニ講義「植民地と戦争の歴史認識 —A首相の戦後70周年談話を手がかりに」の収録映像を掲載しました11/20 10:38
YouTube:https://youtu.be/T2fxCHx_v7o 講 師:江田 憲治 氏(人間支部|人間・環境学研究科 共生文明学専攻) 日 時:2018年11月8日(木)昼休み 会 場:組合事務所 会議室 資 料:181108講義で使用したスライド.pdf ※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。     ...
ミニ講義「秋田県の掛け合い歌「掛唄」:もうひとつの民謡として」の収録映像を掲載しました11/15 13:15
講 師:梶丸 岳 氏(人間支部|人間・環境学研究科 共生文明学専攻) 日 時:2018年10月30日(火)お昼休み 会 場:組合事務所 会議室 資 料:181030講義で使用したスライド.pdf ※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。 YouTube:https://youtu.be/hgAMB-idtW4 【講義概要】...
【ご支援御礼】吉田事業場過半数代表者候補 田中真介さんに投票を11/13 12:00
ご支援御礼 京都大学 吉田事業場過半数代表選挙は11月9日(金)に投票が行われました。  開票の結果、京都大学職員組合が推薦する田中真介さん(国際高等教育院准教授/京都大学職員組合元副中央執行委員長)が圧倒的信任多数を得て、2019年の吉田事業場過半数代表者に選出されました。田中真介さんへのご支援・投票をいただきましたことに、厚く御礼申し上げます。  吉田事業場過半数代表者となる田中真介さん...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2018/11/15

ミニ講義「秋田県の掛け合い歌「掛唄」:もうひとつの民謡として」の収録映像を掲載しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office
講 師:梶丸 岳 氏(人間支部|人間・環境学研究科 共生文明学専攻)

日 時:2018年10月30日(火)お昼休み

会 場:組合事務所 会議室

※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。

YouTube:https://youtu.be/hgAMB-idtW4

【講義概要】
掛け合い歌は決まった旋律に即興で歌詞を付けて歌を掛け合う芸能です。掛け合い歌は歌ではありますが、多くの場合音楽性よりも言語表現の巧みさのほうに重点がある点で、普通「歌」と聞いて思い浮かべるものとは異なります。本ミニ講義では、映像資料などもお見せしながら、私がこれまで調査してきた掛け合い歌のうち、とくに秋田県の「掛唄」についてご紹介していきます。「掛唄」は江戸時代の「お籠もり」に由来するとされる掛け合い歌で、横手市の金澤八幡宮では大正時代から形式が整備されて大会となり、現在も金澤八幡宮と隣の美郷町にある熊野神社の2箇所で大会が行なわれています。大会では「仙北荷方節」という民謡の節を流用した旋律に、7・7・7・5の音数律になるべく合わせて完全に即興で歌が掛け合われます。その後の直会においてもより自由な掛け合いが行なわれることもあります。本講義では掛唄の現状とともに、この歌がいわゆる「民謡」とは違う進化を遂げた民謡であることについてお話したいと思っています。

【講師略歴】
梶丸 岳(かじまる・がく)
現職:京都大学人間・環境学研究科 助教(人間・環境学研究科 共生文明学専攻)

1980年 兵庫県西宮市生まれ
2003年 京都大学総合人間学部卒業
2005年 京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了
2009年 京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程指導認定退学
2011年 日本学術振興会特別研究員(PD)
2012年 京都大学より博士(人間・環境学)授与
2014年 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センターなど 非常勤講師
2017年 現職

13:15 | 投票する | 投票数(0) | ミニ講義