New!

 RSS
オリジナル卓上カレンダーの誤植のお詫び04/17 18:25
2018年末から京都大学職員組合が作成したオリジナル卓上カレンダーの一部の版で、 カレンダーの日付にかかる誤植が発見されました。 お詫びし、訂正いたします。 誤)2019年4月カレンダーカードに印刷されている2019年5月のミニカレンダーの第2週部分 誤)2019年6月カレンダーカードに印刷されている2019年5月のミニカレンダーの第2週部分 いずれも、5/10(水)と表記された部分...
団体交渉を申し入れました04/12 18:00
 職員組合は2019年4月12日付けで、下記、要求事項にかかる団体交渉を 申し入れました。  交渉日が固まり次第、組合員のみなさまにご案内いたします。 (下記、要求書・要求趣旨のテキストです。)        2019年4月12日     京都大学総長 山極 壽一 殿                  京都大学職員組合                      中央執行委...
4/1病院支部、新採看護師にお祝いの声かけとメッセージカードなどを配布04/01 10:00
 今朝(4/1)、病院支部は、新規採用の看護師が研修を行う会場前で、お祝いの声かけと病院の先輩たちからのメッセージカードやオリジナル エコバッグをプレゼントするとりくみを実施しました。  私たちと一緒に、働きがいのある素敵な京大病院をつくっていきましょう。
文学部支部機関紙「けやき」No.611発行しました03/26 11:39
◯2019年2月20日 2018年度アンケート調査を基に文学研究科長&事務長懇談会実施(報告)○新入教職員歓迎会を開催します!日時:4月24日(水)12:00頃より場所:1F会議室((文系)共通図書事務室の向い側)
職員組合ニュース2018年度第08号を発行しました03/22 18:13
○例外措置関連の通知が改訂 「更新評価の厳格化」が削除 職員組合の要求が実現・例外措置にかかる不適切な通知を指摘・例外措置制度に変更ないと言うが・「更新評価の厳格化」は例外措置を抑制する・例外措置の積極的な適用を○賃金請求訴訟 国家賠償控訴審判決言渡し原告・控訴人 高山佳奈子(職員組合副委員長・法学研究科教授)

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2018/11/15

ミニ講義「秋田県の掛け合い歌「掛唄」:もうひとつの民謡として」の収録映像を掲載しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office
講 師:梶丸 岳 氏(人間支部|人間・環境学研究科 共生文明学専攻)

日 時:2018年10月30日(火)お昼休み

会 場:組合事務所 会議室

※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。

YouTube:https://youtu.be/hgAMB-idtW4

【講義概要】
掛け合い歌は決まった旋律に即興で歌詞を付けて歌を掛け合う芸能です。掛け合い歌は歌ではありますが、多くの場合音楽性よりも言語表現の巧みさのほうに重点がある点で、普通「歌」と聞いて思い浮かべるものとは異なります。本ミニ講義では、映像資料などもお見せしながら、私がこれまで調査してきた掛け合い歌のうち、とくに秋田県の「掛唄」についてご紹介していきます。「掛唄」は江戸時代の「お籠もり」に由来するとされる掛け合い歌で、横手市の金澤八幡宮では大正時代から形式が整備されて大会となり、現在も金澤八幡宮と隣の美郷町にある熊野神社の2箇所で大会が行なわれています。大会では「仙北荷方節」という民謡の節を流用した旋律に、7・7・7・5の音数律になるべく合わせて完全に即興で歌が掛け合われます。その後の直会においてもより自由な掛け合いが行なわれることもあります。本講義では掛唄の現状とともに、この歌がいわゆる「民謡」とは違う進化を遂げた民謡であることについてお話したいと思っています。

【講師略歴】
梶丸 岳(かじまる・がく)
現職:京都大学人間・環境学研究科 助教(人間・環境学研究科 共生文明学専攻)

1980年 兵庫県西宮市生まれ
2003年 京都大学総合人間学部卒業
2005年 京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了
2009年 京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程指導認定退学
2011年 日本学術振興会特別研究員(PD)
2012年 京都大学より博士(人間・環境学)授与
2014年 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センターなど 非常勤講師
2017年 現職

13:15 | 投票する | 投票数(0) | ミニ講義