New!

 RSS
ミニ講義「少年犯罪をどうみるか ― 近年の実証研究の知見を中心に」の収録映像を掲載しました05/18 17:55
YouTube:https://youtu.be/mbPraM2Fd7g 講 師:岡邊 健 氏(教育学部支部|教育学研究科) 日 時:2018年5月11日(金)昼休み 会 場:組合事務所 会議室 資 料:180511抗議で使用したスライド.pdf ※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。     .embed-co...
職員組合の立看板の強制撤去に強く抗議する05/14 17:13
2018年5月14日 京都大学総長 山極 壽一 殿 京都大学職員組合 中央執行委員長 白岩 立彦 職員組合の立看板の強制撤去に強く抗議する  2018年5月13日早朝、京大法人は百万遍界隈をはじめとするキャンパス外構やキャンパス内に設置されていた立看板の強制撤去を行った。京都大学法人による立看板一般の規制に対して、職員組合は2018年2月19日の声明において懸念を表...
5/8(火) 早朝宣伝行動を実施しました05/08 11:25
5/8(火) 朝、百万遍通用門にて宣伝行動を実施しました。 4/19に発行した職員組合ニュース2017年度第07号と4/23に発行した同号外を 配布し、ハンドマイクにてアピールを行いました。 アピールの様子の収録動画をご案内します。 https://youtu.be/K5YzBQFr6ks .embed-container { position: relative; padding-b...
文学部支部機関紙「けやき」No.606を発行しました04/26 18:02
○新年度の挨拶と加入のお誘い文学部副支部長 杉山 卓史○新入教職員歓迎会を開催します!日時:5月15日(火)12:00頃より場所:1F会議室(((文系)共通図書事務室の向い側)★お弁当をご用意致します。ご参加いただける方は、5月11日(金)までに、お近くの支部委員までご連絡ください。宜しくお願い致します。 ○新人インタビュー
職員組合ニュース2017年度号外を発行しました04/23 17:25
○平和と民主主義の危機に立ち向かう〈対談〉高山 佳奈子 京都大学教授×望月 衣塑子 東京新聞社会部記者・軍事優先が国民を貧しくする・「海洋軍事国家」をめざす日本・軍学共同に反対する声明・大学の自治を守る・文系の危機、理系の危機・国家公務員・国立大学教職員へのメッセージ

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2017/01/26

1/26(木)に通勤手当の復活と支給を求める要求書を提出しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office
 職員組合は1月26日(木)に下記の様に通勤手当の復活と支給を求める要求書を総長に提出しました。

170126通勤手当の復活と支給を求める団体交渉要求書.pdf

 (下記、要求書のテキストです。)

 2017年1月26日
京都大学総長 山極 壽一 殿

         京都大学職員組合             
       中央執行委員長 川島 隆      

時間雇用教職員の通勤手当支給についての要求書

2014年の時間雇用教職員就業規則改正で廃止された通勤手当の復活と支給を求めます。

改正労働契約法では、期間の定めのあるなしにより、不合理に労働条件を相違させることを禁止しています。とりわけ、通勤手当、食堂の利用、安全管理などについては、業務内容・責任等の違いがあっても相当の合理性がない限り認められません。

 直ちに、通勤手当の復活、支給を求めます。

 2014年4月1日の時間雇用教職員就業規則改正は、「①従事する業務内容にふさわしい給与額の決定(単価表の上限等の引き上げ)、②外部資金使用ルール等により通勤手当が支給されない者に対する通勤手当相当分を加味した給与額設定による相当分支給及業務の大幅な削減、③事務の削減による人件費の縮減と再配置(時間雇用教職員の給与の見直しについて(ポイント整理)」のためと過半数代表者および当組合に説明されました。これは通勤手当が支給できなかった非常勤教職員への通勤手当相当額の支給も目的とした時間単価表(50円きざみ、上限価格1,600円)の変更を含むものでした。しかしその実は、それまでの契約であれば、当然支払われてきた事務補佐員等の通勤手当の廃止でした。これまでの団体交渉で貴職は、通勤手当として支給されない者に対して支給するため、時間単価に交通費相当分を加味し支給できるようにしたもので廃止のための廃止ではない旨回答しています。当組合は、法人として、通勤手当を加味した時間単価とする対応をとるよう部局に促すことを強く求めてきましたが、時間給の決定は部局の専決とし、雇用者としての責任を放棄する貴職の態度に怒りと失望を禁じえません。
 5年期限がある上に、通勤手当がない事で、京都大学の時間雇用教職員募集への応募者は減っており、定員削減による人員減、5年期限での更新拒否による時間雇用教職員の入れ替えの影響は大きく、事務業務の現場では苦慮しているとの声が聞かれます。

 実質上の通期手当の不支給をやめ、通勤手当の復活を求めます。

18:10 | 投票する | 投票数(3) | 団交・要求活動