New!

 RSS
ミニ講義「改元について考える」を実施しました08/21 11:38
【講義概要】  「平成」から「令和」に改元されて数ヶ月経ちました。今回の改元は、「生前退位」だったこともあって、はじめて改元が日本の社会でお祭り騒ぎとしてもてはやされたのではないかと思います。しかし、マス・メディアで騒がれたわりには、元号とはなにか、元号制度に潜む問題について十分に議論されませんでした。  この講義では、日本の元号とはどういうもので、どのような経緯で使われるようになったのかを...
Index 2019/8/12〜8/1808/19 10:45
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title:60歳以上労災死傷者急増、4分の1占める 転倒、腰痛 サービス業で Source:毎日新聞 Date:2019/08/18 https://mainichi.jp/articles/2019081...
Index 2019/8/5〜8/1108/19 10:45
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title:大学入試の民間英語試験に疑問 揺らぐ公平性 地方受験生の負担大きく 高校側が文科省に要望書 Source:産経ニュース Date:2019/08/10 https://www.sankei.com/...
文学部支部機関紙「けやき」No.613発行しました08/07 13:33
◯2019年度支部委員会発足にあたって出来るところから、しかし着実に新支部長あいさつ 芦名 定道○新支部委員会研究科長と事務長にご挨拶○2019年度支部委員会メンバーをご紹介します。
2019/7/29〜8/4 Index08/05 12:00
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title:氷河期世代がこんなにも苦しまされている根因 Source:東洋経済オンライン Date:2019/08/04 https://toyokeizai.net/articles/-/294230 T...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2019/01/17

来週、1/22(火)賃金請求訴訟 国家賠償請求訴訟 控訴審 第1回期日です

Tweet ThisSend to Facebook | by office
 来週、1/22(火)13:30~大阪高裁にてに賃金請求訴訟 国家賠償控訴審 第1回期日が行われます。案内を再送いたします。また、終了後、報告集会を行いますので、そちらもお時間許す限り、傍聴と合わせて可能な方はご参加お願いします。

-----------------------------

 東日本大震災復興の財源捻出を名目とした、京都大学における臨時給与引き下げにかかる、賃金請求訴訟(民事)は2017年6月6日、不当にも上告棄却となりました。

 しかし、判決内容が「国からの要請」を根拠とするものであったため、賃金請求訴訟(民事)で原告団長を務めた高山佳奈子さん(職員組合副委員長|京都大学法学研究科教授)は、国を相手取り国家賠償請求を提起しました。京大職組中央執行委員会は、賃金請求訴訟(民事)に引き続くとりくみとして、共に闘っています。

 国家賠償請求においては主に「東日本大震災復興の財源は国立大学の運営費交付金減額により達成されており、国立大学教職員の賃金引下げを要請する国の行政指導は違法である」と主張しています。

 2018年9月25日の京都地裁判決では請求棄却となりましたが、控訴を申し立て、下記の通り控訴審第1回目の期日が予定されています。

 平日日中の時間帯ではございますが、お時間の許される組合員の方は、ぜひ傍聴にご参加いただければ幸いです。傍聴にご参加いただいた組合員の方には、旅費規程に基づき交通費等をお支払いいたします。


賃金請求訴訟 国家賠償控訴審 第1回期日

日 時:2019年1月22日(火)13:30

場 所:大阪高等裁判所別館7階 第73号法廷
    最寄駅:京阪本線 北浜駅または、なにわ橋駅
報告集会会場:大阪府立中之島図書館 レンタルスペース1 14:00~14:30頃
     ↓会場案内図と道順

備 考:13:00頃に本館ロビーにお越しいただければ京大職組のスタッフがご案内いたします。

16:00 | 投票する | 投票数(0) | 活動案内・報告