New!

 RSS
文学部支部機関紙「けやき」No.600を発行しました04/27 10:44
◯それぞれの春、ちょっとずつの組合―加入のお誘い― 文学部支部長 谷川 穣○4/21(金)新事務長にご挨拶にいきました。○好評です!当支部ならではの贅沢なイベント。次は第5弾…文学部出身専門家による解説付で観覧文化企画第3弾(2017年1月20日開催)、第4弾(2017年3月8日開催)の感想など…
職員組合ニュース2016年度第11号を発行しました04/20 15:31
○2017年 春のあいさつ(組合の日常的な活動)川島 隆(京都大学職員組合 中央執行委員長)○一日の残業時間の上限は8時間?10時間?2017年吉田事業場過半数代表者 太田 耕司(理学研究科教授)○共謀罪立法について法学研究科・法科大学院教授(刑法) 髙山 佳奈子(京大職組 副委員長)○第88回全京都統一メーデー大会日時:2017年5月1日(月)会場:二条城前開会:10:00/行進出発11:...
「送舊迎新、送朴迎新」の講義映像を掲載しました|南京兌 氏(法学部支部)2017.03.15,27)04/10 19:16
日 時:2017年3月 15日(水)昼、27日(月)昼 の2回講義 講義題:「送舊迎新、送朴迎新」(韓国大統領の弾劾の話題) 講 師: 南 京兌 氏 准教授(法学部支部|法学研究科 [行政学・公共政策]) 会 場: 組合事務所 会議室 配布資料: 収録映像:講師の希望により、組合員限定公開となります。 講義概要:朴大統領の弾劾訴追の理由を以下の五つに整理する。      (1)...
ハガキ型加入勧誘メッセージ(看護師|長井さん)04/06 14:47
四つ折りでハガキ大になり、ポケットティッシュに挿入することもできるタイプの組合加入勧誘宣伝物です。印刷物とポケットティッシュは組合事務所に準備がございますので、お申しつけください。この版では、看護師の長井佐知子さんにメッセージを寄せていただいています。「自分たちが働く環境は自分たちで守ろう −みんなが当事者意識を持って−」 私は看護師になって今年で28年目になります。その間、出産や育児をしな...
ハガキ型加入勧誘メッセージ(時間雇用|下橋さん)04/06 13:35
四つ折りでハガキ大になり、ポケットティッシュに挿入することもできるタイプの組合加入勧誘宣伝物です。印刷物とポケットティッシュは組合事務所に準備がございますので、お申しつけください。この版では、時間雇用教職員の下橋ゆかりさんにメッセージを寄せていただいています。「5年雇止めを乗り越えるために一人で悩まず相談することが大事」 私が組合に入ったキッカケは5年雇止めです。仕事が無くなるわけでもない。...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2017/01/18

1/5(木)に事務職員(特定業務)の要求書を提出しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office
 職員組合は1月5日(木)に下記の様に事務職員(特定業務)の雇用財源の拡大及び削減分を埋める採用を求める要求書を総長に提出しました。合わせて各部局長宛にも要求書の写しを送付し、外部資金の間接経費の使用を可能とするとともに、早期に定員削減分を埋めるよう要請しました。

170105事務職員(特定業務)要求書.pdf

(下記、要求書のテキストです)

2017年1月5日
京都大学総長 山極 壽一 殿

京都大学職員組合            
中央執行委員長 川島 隆      
    
事務職員(特定業務)の雇用財源及び定員削減分を埋めるよう求める要求書

 人事担当理事との間で行った12月22日の団体交渉において、事務職員(特定業務)の雇用計画数について当初200人と説明された根拠が、8年間の定員削減88人の定削に対して、常勤職員1人に対して事務職員(特定業務)が2人で88人×2人分、及び再雇用職員の減員数によるものであること、及び現状の雇用数が約60名程度に留まっていることが明らかにされました。
 この雇用計画数を飛躍的に拡大させるためには雇用の財源を全学の人件費だけでなく、外部資金の間接経費による雇用の仕組みを構築させることが不可欠です。また、外部資金の多くの期限は3~5年程度の期限があるものが多数と思われますが、部局の裁量により、これらの外部資金の間接経費をつないで長期の雇用財源とすることも可能です。
 職員組合として事務職員(特定業務)に係る雇用の仕組みについて上記の項目を含めたものに「政策変更」を行いつつ、部局からの要請を踏まえ、定員削減の補充分を早期に補充することと、外部資金の間接経費による時間雇用職員からの雇用移行者が早期に「増員」されることを求めるものです。


1.事務職員(特定業務)の定員削減補充分に係る雇用数を早期に達成すること。
2.雇用財源について外部資金の間接経費を可能とするよう「しくみ」を改善すること。
以上

11:25 | 投票する | 投票数(0) | 団交・要求活動