New!

 RSS
Index 7/27〜8/208/03 14:30
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title:深夜・休日の在宅勤務、容認姿勢を明確に 指針改定へ Source:大学ジャーナルオンライン Date:2020/08/02 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
Index 7/20〜7/2607/27 12:00
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title :パラグアイ学費無償化/全8公立大で実施へ/上院可決、学生「運動の勝利」 Source :しんぶん赤旗 Date :2020/07/26 https://www.jcp.or.jp/akahata...
本日(7/20(月)8:30~15:00)、総長選挙にかかわる意向投票です07/20 10:55
教職員のみなさま  総長選考にかかわる「意向調査」が本日の8:30~15:00にかけておこなわ れます。  前回の総長選挙がおこなわれた6年前に比しても、「トップダウン」の意 思決定という仕組みが格段に強化されています。そのことを考えるならば、 誰が総長になるかという問題は、わたしたち教職員の労働条件、研究・教 育・医療をめぐる環境にも大きくかかわってくると考えざるをえません。  こ...
公開質問状への回答に対する所見(京都大学職員組合中央執行委員会)07/15 13:09
 京都大学職員組合中央執行委員会は、総長選挙の候補者5氏から寄せられた総⻑選挙にかかわる公開質問状の回答(質問1を除く)についての所見を発表しました。なお、この所見は、候補者のご回答と併せて職員組合ニュースにも掲載し、学内配布いたしております。 【質問2】「政府の科学政策について」は、科学技術法基本法改正を基本的に歓迎する大嶋氏、湊氏、その問題点を強調する時任氏、寶氏、国会で決められた法...
職員組合ニュース2019年度第12号を発行しました07/15 12:35
○総長選挙にあたっての公開質問状回答質問1.京都大学の存在意義と進むべき方向について質問2.政府の科学政策について質問3.教員の年俸制度導入について質問4.常勤教職員の削減計画について質問5.時間雇用職員の「5年雇い止め」制度について質問6.組合の掲示ボードについて○総長選考会議が発表した6人の候補者・大嶋 正裕(工学研究科)・北野 正雄(理事)・寶 馨(総合生存学館)・時任 宣博(化学研究...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2017/01/18

1/5(木)に事務職員(特定業務)の要求書を提出しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office
 職員組合は1月5日(木)に下記の様に事務職員(特定業務)の雇用財源の拡大及び削減分を埋める採用を求める要求書を総長に提出しました。合わせて各部局長宛にも要求書の写しを送付し、外部資金の間接経費の使用を可能とするとともに、早期に定員削減分を埋めるよう要請しました。

170105事務職員(特定業務)要求書.pdf

(下記、要求書のテキストです)

2017年1月5日
京都大学総長 山極 壽一 殿

京都大学職員組合            
中央執行委員長 川島 隆      
    
事務職員(特定業務)の雇用財源及び定員削減分を埋めるよう求める要求書

 人事担当理事との間で行った12月22日の団体交渉において、事務職員(特定業務)の雇用計画数について当初200人と説明された根拠が、8年間の定員削減88人の定削に対して、常勤職員1人に対して事務職員(特定業務)が2人で88人×2人分、及び再雇用職員の減員数によるものであること、及び現状の雇用数が約60名程度に留まっていることが明らかにされました。
 この雇用計画数を飛躍的に拡大させるためには雇用の財源を全学の人件費だけでなく、外部資金の間接経費による雇用の仕組みを構築させることが不可欠です。また、外部資金の多くの期限は3~5年程度の期限があるものが多数と思われますが、部局の裁量により、これらの外部資金の間接経費をつないで長期の雇用財源とすることも可能です。
 職員組合として事務職員(特定業務)に係る雇用の仕組みについて上記の項目を含めたものに「政策変更」を行いつつ、部局からの要請を踏まえ、定員削減の補充分を早期に補充することと、外部資金の間接経費による時間雇用職員からの雇用移行者が早期に「増員」されることを求めるものです。


1.事務職員(特定業務)の定員削減補充分に係る雇用数を早期に達成すること。
2.雇用財源について外部資金の間接経費を可能とするよう「しくみ」を改善すること。
以上

11:25 | 投票する | 投票数(2) | 団交・要求活動