New!

 RSS
文学部支部機関紙「けやき」No.614発行しました11/13 12:24
◯京大職組学習会のご案内教員の裁量労働制にかかる勤務時間把握の学習会日時:2019年11月19日(火) 18:30~20:30会場:法経本館2階法経6番教室(建物東側)講師:秋月 邦彦 氏(園部労働基準監督署 労働基準監督官 全労働省労働組合京都支部所属)○新人インタビュー○【アンケート実施します!】文学部支部では今年も教職員アンケートを実施します。また、職組中央でも職種別のアンケートを計画...
Index 11/5〜11/1011/11 11:10
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title :アルバイトで食いつなぎ、論文執筆もままならない日々…“国策“が生んだ、行き場を失う博士たち Source :AbemaTIMES Date :2019/11/10 https://times.a...
【本日】11/7(木)投票日 吉田事業場過半数代表者候補 駒込武さんに投票を11/07 11:05
 本日、11月7日(木)に吉田事業場過半数代表者を選出する投票が実施 されます。  京都大学職員組合は、当組合の中央執行委員長で教育学研究科の駒込 武さんを推薦しています。  本日、11月7日(木)の投票時間は11:00〜14:00と短くなっています。 お忘れないよう、必ず投票に行きましょう。  教職員みなさんの信任の一票を駒込武さんにお寄せいただきますよう、 よろしくお願いしま...
Index 10/28〜11/411/06 13:30
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title :萩生田大臣「身の丈」発言を聞いて「教育格差」の研究者が考えたこと(松岡 亮二) Source :現代ビジネス Date :2019/11/03 https://gendai.ismedia.jp...
【明日です】11/7(木)投票日 吉田事業場過半数代表者候補 駒込武さんに投票を11/06 13:25
 明日、11月7日(木)に吉田事業場過半数代表者を選出する投票が実施 されます。  京都大学職員組合は、当組合の中央執行委員長で教育学研究科の駒込 武さんを推薦しています。  11月7日(木)の投票時間は11:00〜14:00と短くなっています。お忘れ ないよう、必ず投票に行きましょう。  教職員みなさんの信任の一票を駒込武さんにお寄せいただきますよう、 よろしくお願いします。 ...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2019/08/21

ミニ講義「改元について考える」を実施しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office
【講義概要】
 「平成」から「令和」に改元されて数ヶ月経ちました。今回の改元は、「生前退位」だったこともあって、はじめて改元が日本の社会でお祭り騒ぎとしてもてはやされたのではないかと思います。しかし、マス・メディアで騒がれたわりには、元号とはなにか、元号制度に潜む問題について十分に議論されませんでした。
 この講義では、日本の元号とはどういうもので、どのような経緯で使われるようになったのかを、歴史的な経緯をふまえて考えてみたいと思います。とくに、近代以降の一世一元制の確立、明治・大正・昭和改元の背景、敗戦後の元号制度の行方、元号法案制定の背景と元号法制化運動、平成・令和改元の背景などについて話す予定です。こうした経緯を踏まえながら、改元と天皇制の関係、元号制度をめぐる保守勢力との関わり、元号問題と改憲問題の連続性などについて考えていただければと思っています。

※今回の講義テーマは、ネット上で心ない中傷を受ける可能性があるため、Webページ上での動画URLの表示や、埋め込み動画の設定は控えさせていただきます。
組合員に配信されるメールには動画のURLや資料PDFのURLを表示いたします。

演 題:「改元について考える」

講 師:福家 崇洋 氏 人文科学研究所 准教授

日 時:2019年8月20日(火) 昼休み

会 場:組合事務所 会議室

収録動画:組合員のみにご案内

資 料:組合員のみにご案内


【講師略歴】
福家 崇洋(ふけ・たかひろ)
      1977年 徳島県生まれ
      2007年 京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程研究指導認定退学
      2010年 京都大学大学文書館助教
      2015年 富山大学人文学部准教授
      2018年 京都大学人文科学研究所准教授


11:38 | 投票する | 投票数(0) | ミニ講義