New!

 RSS
Index 7/27〜8/208/03 14:30
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title:深夜・休日の在宅勤務、容認姿勢を明確に 指針改定へ Source:大学ジャーナルオンライン Date:2020/08/02 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
Index 7/20〜7/2607/27 12:00
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title :パラグアイ学費無償化/全8公立大で実施へ/上院可決、学生「運動の勝利」 Source :しんぶん赤旗 Date :2020/07/26 https://www.jcp.or.jp/akahata...
本日(7/20(月)8:30~15:00)、総長選挙にかかわる意向投票です07/20 10:55
教職員のみなさま  総長選考にかかわる「意向調査」が本日の8:30~15:00にかけておこなわ れます。  前回の総長選挙がおこなわれた6年前に比しても、「トップダウン」の意 思決定という仕組みが格段に強化されています。そのことを考えるならば、 誰が総長になるかという問題は、わたしたち教職員の労働条件、研究・教 育・医療をめぐる環境にも大きくかかわってくると考えざるをえません。  こ...
公開質問状への回答に対する所見(京都大学職員組合中央執行委員会)07/15 13:09
 京都大学職員組合中央執行委員会は、総長選挙の候補者5氏から寄せられた総⻑選挙にかかわる公開質問状の回答(質問1を除く)についての所見を発表しました。なお、この所見は、候補者のご回答と併せて職員組合ニュースにも掲載し、学内配布いたしております。 【質問2】「政府の科学政策について」は、科学技術法基本法改正を基本的に歓迎する大嶋氏、湊氏、その問題点を強調する時任氏、寶氏、国会で決められた法...
職員組合ニュース2019年度第12号を発行しました07/15 12:35
○総長選挙にあたっての公開質問状回答質問1.京都大学の存在意義と進むべき方向について質問2.政府の科学政策について質問3.教員の年俸制度導入について質問4.常勤教職員の削減計画について質問5.時間雇用職員の「5年雇い止め」制度について質問6.組合の掲示ボードについて○総長選考会議が発表した6人の候補者・大嶋 正裕(工学研究科)・北野 正雄(理事)・寶 馨(総合生存学館)・時任 宣博(化学研究...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2020/04/17

TA,RA,OAの賃金保障を求めます

Tweet ThisSend to Facebook | by office

2020年4月17日

京都大学 総長山極 壽一 殿

京都大学職員組合     
中央執行委員長 駒 込 武


TA,RA,OAの賃金保障を求めます

 日頃は京都大学の発展のためご尽力されておられますことに敬意を表します。

 さて、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、政府は4月8日に緊急事態宣言を発し、こうした状況を受け本学も全学共通科目、学部専門科目及び大学院専門科目のすべての授業を5月6日まで休講する措置をとり、教職員に対しても在宅勤務の推進を通知しています。

 一方、こうした対応に伴い、TA,RA,OAが予定していた業務がなくなり、勤務予定をゼロにする勤務変更が行われています。一部の部局ではTA,RA,OAの勤務削減に対して何らの代償措置を講じず、当該のTA,RA,OAから救済を求める訴えが職員組合に届いております。

 現在、全国的に緊急事態宣言が発せられる、かつて経験したことがない状況となっておりますが、同緊急事態宣言が事業者等に求める措置は要請にとどまり、従業員の勤務をどのように扱うかは、事業者の判断に委ねられています。また、国立大学は民間事業者と異なり、事業活動の縮小や停止により直ちに事業収入が途絶する経営体ではありません。こうした事実に照らせばTA,RA,OAに対する勤務削減は、事業者都合による休業であると考えます。TA,RA,OAは基本的に本学の大学院生であり、その雇用は彼らの生活を経済的に支えている場合も少なくないことを考えれば、予定されていた勤務に対応する賃金の全額が支払われるべきです。少なくとも、予定されていた勤務日について労働基準法の定める休業手当が支払われなければなりません。

 未曾有の事態に直面し、本学の運営に多大な困難が生じていることは重々承知していますが、大学院生を守るためにも適切な対応をとられますよう、強く要求いたします。

以上

18:54 | 投票する | 投票数(0) | 団交・要求活動