New!

 RSS
京大賃下げ国家賠償請求訴訟第一審判決についての声明09/25 13:20
京大賃下げ国家賠償請求訴訟第一審判決についての声明 2018年9月25日 原告:高山 佳奈子(京都大学職員組合副中央執行委員長)  本日、京都地方裁判所第6民事部は、京都大学教員である原告が提訴した国家賠償請求事件において、請求を棄却する判決を言い渡しました。  本件訴訟は、2012年2月29日の国家公務員給与臨時特例法による同年4月から2年間の国家公務員の給与減額に乗じて、国が...
9/21(金)17:30~ 理学部支部がビアパーティを開催します09/21 11:00
本日! 理学部支部恒例ビアパーティです!! ↓下記、ビアパーティチラシ参照 http://files.kyodai-union.gr.jp/doc/sibu/rigakubu/180921_beer_party.pdf --------------------------- 「第38回平和ビアパーティ」 日時:2018年9月21日(金) 17:30~20:00 場所:理学...
福利厚生案内誌 Union Welfare 2018 Autumn を発行しました09/12 12:12
【特集】あなたに合った保障の選び方【京大職組の福利厚生事業のご案内】★教職員共済 トリプルガード 案内★法律相談★心の健康相談★子育て・保育園相談★住宅取得割引き★英会話教室★生け花教室★うたごえ喫茶☆Voice 利用者(組合員)の声 川島隆さん(文学研究科 教員)★京都第一法律事務所 案内★近畿ろうきん [ろうきんフレックスローン 自動車]★長谷工システムズ広告(PDF版に掲載なし)★住宅...
9/11 山極総長とのあいさつ会見を行いました09/12 11:33
9月11日(火)午前、山極総長とのあいさつ会見を行いました。 総長とのあいさつ会見は、職員組合の中央役員改選にあたり恒例で行われています。 会見では、政府が示している「国立大学における人事・給与マネジメント改革」をとりあげ、山極総長からその背景や近況についてお話しをうかがいました。 他、5年雇止め問題や立看板問題も話題となりました。 詳報は、後日に発行する職員組合ニュースにてお伝えしま...
職員組合ニュース2018年度第01号を発行しました09/07 17:47
○就任あいさつ京都大学職員組合 2018年度中央執行委員長 江田 憲治(人間・環境学研究科教授)○派遣受け入れ期間延長と過半数代表への意見聴取をめぐって・派遣法改正と京都大学の派遣の実態・過半数代表への意見聴取・法人側の「取り組み」○タテカン撤去に物申す!・~「トップダウンのガナバンス」は大学を滅ぼす!?~ 駒込 武(教育学部支部)・<法的な問題点>高山 佳奈子(法学部支部○京都大学職員組合...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2017/12/15

【緊急申入】“時間雇用教職員の「通算雇用期間5年上限」撤廃を求める申入れ”を提出

Tweet ThisSend to Facebook | by office
京都大学職員組合は、本日12月15日に総長宛に“時間雇用教職員の「通算雇用期間5年上限」撤廃を求める申入れ”を提出しました。


2017年12月15日

京都大学総長  山極 壽一 殿


京都大学職員組合
中央執行委員長 白岩 立彦


時間雇用教職員の「通算雇用期間5年上限」撤廃を求める申入れ

 職員組合は、有期雇用教職員の無期転換ルールの対応について、これまで就業規則における「通算雇用期間5年上限」の撤廃並びに「例外措置」適用制度の活用促進等を求めてきました。先日11月9日にも団体交渉を実施しましたが、京都大学法人からは「通算雇用期間5年上限」にかかる方針を見直す姿勢が見られませんでした。

 一方、政府・国会では、厚生労働大臣が「無期転換ルールを避けることを目的として、無期転換権が発生する前に雇止めをすることや、更新年限や更新回数の上限を一方的に設けるといったことは、労働契約法の趣旨に照らして望ましくない…。そのような事案を把握した場合には、都道府県労働局においてしっかり啓発指導を行ってまいりたい」と答弁しました。これを受け文部科学省は各国立大学に対し無期転換ルールへの対応を求める通知を発し、12月1日の衆院文部科学委員会でも文部科学省審議官が「各国立大学法人が適切に対応するようお願いしています」と答弁しています。また、いくつかの都道府県労働局において国立大学への啓発指導が行われました。

 こうした中、徳島大学、岡山大学、名古屋大学などでは有期雇用の非常勤教職員にかかる年限雇止めの方針が大きく見直され、多くの非常勤教職員に無期転換の道が開かれました。そして、ついには東京大学においても、12月12日に「通算雇用期間5年上限」の廃止が役員懇談会及び科所長会議で了承されたとのことです。

 これらの情勢に鑑み職員組合は、京都大学法人においても労働契約法、「同一労働同一賃金」を含む働き方改革への対応のために関係規則の改正の検討を行い、時間雇用教職員の就業規則上の「通算雇用期間5年上限」を撤廃するよう、改めて求めるものです。

 なお、組合員の雇用更新等の課題については必要になれば別途所属の部局等に個別に申入れる予定であることを申し添えます。


  1. 無期転換回避を目的とした「雇い止め」が生じないよう周知徹底を尽くすこと。
  2. 就業規則にある「通算雇用上限5年」を削除すること。
  3. 当面、各部局・共通事務部等においては「例外措置」適用制度を前向きに活用するよう周知徹底を図ること。

以上



17:09 | 投票する | 投票数(9) | 団交・要求活動