New!

 RSS
職員組合ニュース2018年度第05号を発行しました02/15 12:04
○12.27団体交渉報告時間雇用教職員の通勤手当回復、病気休暇有給化へ
【第2次募集】「大学を壊すな!」賛同署名とメッセージを募集します02/14 16:00
賛同署名とメッセージの募集サイト:http://bit.ly/2CV1V3x  京大職組が加盟する全国団体、全国大学高専教職員組合(全大教)は、 昨年12月末に“(緊急声明)国立大学の運営費交付金「評価配分枠」の即時 撤廃を求めます” https://zendaikyo.or.jp/index.php?key=jovyi6vdp-544#_544 を発表し、同時に「#大学を壊すな 国...
要求書「例外措置を萎縮させている通知等の見直しを求めます」を提出しました02/06 12:00
                                                         2019年2月6日 京都大学総長 山極 壽一 殿                      京都大学職員組合                       中央執行委員長 江田 憲治      例外措置を萎縮させている通知等の見直しを求めます  今年度より、...
文学部支部機関紙「けやき」No.610発行しました01/28 14:55
◯文学部支部アンケート特集号
国家賠償請求事件控訴審口頭弁論および報告会01/23 15:55
 1月22日13時30分から、大阪高等裁判所(第14民事部)にて、国立大学法人 に賃下げを要請した行政指導の違法性に基づく国家賠償請求訴訟の控訴審口頭 弁論が開かれました。傍聴と報告会には、京大のほか、大阪大、大阪教育大、 神戸大の各単組、全大教、京大職組OB会の方々合計10名にお越しいただきま した。  京大はすでに労働裁判が2017年6月に最高裁で敗訴となっていますが、大学 法人...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2018/02/19

立て看板規制に対する声明

Tweet ThisSend to Facebook | by office


立て看板規制に対する声明



2018年2月19日
京都大学職員組合 中央執行委員会

 京都大学においては戦後、学生や教職員などの学内構成員がキャンパス内や周辺に立て看板を設置して学内外に様々なメッセージを発し続けてきた。この営みは伝統的慣行として学内で定着している。昨年末、この営みに大きな変化を強いる動きが生じたが、そこには多くの問題点が含まれている。

 私たち京都大学職員組合も、長年にわたり立て看板を通じて学内外に多くのメッセージを発し続けてきた主体として、この動きを他人事として傍観することはできない。ここに声明を発して問題提起を行いたい。

 京都大学は昨年11月14日に担当理事名で本学の学生および教職員に対し「キャンパス周辺への立て看板等の設置について」を通知した。その後約1ヵ月後の12月19日には、「京都大学立て看板規程(以後「京大立て看板規程」とする)」を制定した。その内容は伝統的な立て看板設置の慣行を大幅に制限する内容となっていた。数十年にわたる伝統的慣行の在り方を変える重大な案件であると考えるが、これまで京都大学はこうした問題に対して学内の意見を丁寧に汲み上げ時間を掛けて慎重に検討を行ってきたと認識している。しかし、この「京大立て看板規程」は異例の早さで決定され、驚きを禁じ得ない。

 今回、京都大学法人が立て看板の設置に規制を設ける理由として、「京都市屋外広告物等に関する条例(以後「広告条例」とする)」に基づき、市当局から文書指導を受けたことを挙げている。しかし、広告条例を本学の立て看板に適用することにはいくつもの問題点があり、ここに指摘したい。

 まず、京都市の広告規制は、日本国憲法に定める表現の自由を制約する可能性があり、特にそれを商業目的でない広告に適用する際には慎重な運用が求められると考える。

 次に、広告規制で守られるべき「京都らしい景観」の内実について、現行の広告条例は視野が狭くなってしまっている。というのも、広告規制が強化される以前から京都市は街の特色として「大学の街」を打ち出しており、京都大学は京都市内の最もシンボリックな大学の一つである。その大学の主役である学生が創作する立て看板は歴史も長く、京都大学をはじめとする大学文化の一部として市民にも認知されている。これもまた「京都らしい景観」の一つのあり方ではないかという可能性も含め、大学付近の多様な住民の声を拾い上げながら、京都市として再検討をすすめることを求めたい。

 さらに広告条例を詳しく見ると、屋外広告の規制は敷地ごとに掲示できる広告の面積を定める形となっているが、これに従った場合、広大な敷地を有する京都大学は、規制対象となる他の市民や事業者に比べて著しく厳しい制約を受けることになる。この点についても、京都市には条例の再検討を促したい。

 以上のような点についてまず声明を発するべきは京都大学法人であると考える。京大法人は学生や教職員に代わり、こうした不合理な点のある広告条例の改正を京都市に求める立場にあり、現行の広告条例を盾に学生や教職員の立て看板を規制することは、「自由の学風」を損なう行為であると言わざるを得ない。京都大学には、そうした観点からの市への働きかけを求める。

 広告条例は敷地外向けの広告のみを対象としているが、2018年12月に制定された「京大立て看板規程」は、敷地内における立て看板を従来よりかなり厳しく規制するものとなっている。学内での立て看板に安全面での配慮が必要であることは理解するが、その規制は、表現の自由や京都大学の表現文化としての立て看板の従来のあり方を尊重する形で行われるべきである。

 山極壽一京都大学総長は職員組合との懇談(2016.9.5)において、「従来の見解・伝統を変える大きな理由がない限り、変えない」という意見表明をされたところであるが、本学における立て看板も「従来の伝統」に当たるのではないか。上記に指摘したように、現行の広告条例を本学の立て看板にそのまま当てはめることには問題点が多く、山極総長のいう「従来の見解・伝統を変える大きな理由」にはなりえないと考える。

 また、これらの問題点などを学内で十分に議論をするこもできない約1ヵ月という短い期間で、従前より大幅な制約を強いる「京大立て看板規程」を制定したことは拙速であり、立て看板を設置する学内の構成員・構成団体等との周到な協議の上で制定すべきものであったと考える。今からでも、そうした議論を経て規程を改正していくプロセスを開始すべきである。

 一方で、キャンパス内・周囲に立て看板を設置する学内の構成員・構成団体は、立て看板設置にかかる安全性に最大限の配慮をすべきである。そのための設置方法や大きさや構造などの規格、設置期間、撤去などのルールについて、敷地管理者である大学当局および立て看板を設置する当事者間の話し合いにより策定し遵守することを呼びかける。また、京都大学職員組合は、こうした話合いの場にいつでも参加する用意があることを表明するところである。
11:04 | 投票する | 投票数(68) | 声明・談話・アピール