New!

 RSS
Index 7/27〜8/208/03 14:30
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title:深夜・休日の在宅勤務、容認姿勢を明確に 指針改定へ Source:大学ジャーナルオンライン Date:2020/08/02 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
Index 7/20〜7/2607/27 12:00
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title :パラグアイ学費無償化/全8公立大で実施へ/上院可決、学生「運動の勝利」 Source :しんぶん赤旗 Date :2020/07/26 https://www.jcp.or.jp/akahata...
本日(7/20(月)8:30~15:00)、総長選挙にかかわる意向投票です07/20 10:55
教職員のみなさま  総長選考にかかわる「意向調査」が本日の8:30~15:00にかけておこなわ れます。  前回の総長選挙がおこなわれた6年前に比しても、「トップダウン」の意 思決定という仕組みが格段に強化されています。そのことを考えるならば、 誰が総長になるかという問題は、わたしたち教職員の労働条件、研究・教 育・医療をめぐる環境にも大きくかかわってくると考えざるをえません。  こ...
公開質問状への回答に対する所見(京都大学職員組合中央執行委員会)07/15 13:09
 京都大学職員組合中央執行委員会は、総長選挙の候補者5氏から寄せられた総⻑選挙にかかわる公開質問状の回答(質問1を除く)についての所見を発表しました。なお、この所見は、候補者のご回答と併せて職員組合ニュースにも掲載し、学内配布いたしております。 【質問2】「政府の科学政策について」は、科学技術法基本法改正を基本的に歓迎する大嶋氏、湊氏、その問題点を強調する時任氏、寶氏、国会で決められた法...
職員組合ニュース2019年度第12号を発行しました07/15 12:35
○総長選挙にあたっての公開質問状回答質問1.京都大学の存在意義と進むべき方向について質問2.政府の科学政策について質問3.教員の年俸制度導入について質問4.常勤教職員の削減計画について質問5.時間雇用職員の「5年雇い止め」制度について質問6.組合の掲示ボードについて○総長選考会議が発表した6人の候補者・大嶋 正裕(工学研究科)・北野 正雄(理事)・寶 馨(総合生存学館)・時任 宣博(化学研究...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2019/10/16

団体交渉を申し入れました

Tweet ThisSend to Facebook | by office
 職員組合は2019年10月11日付けで、下記、要求事項にかかる
団体交渉を
申し入れました。
 交渉日が固まり次第、組合員のみなさまにご案内いたします。

 (下記、要求書・要求趣旨のテキストです。)
    

  2019年10月11日    

京都大学総長 山極 壽一 殿

                 京都大学職員組合
                     中央執行委員長 駒込 武

団体交渉申入


 団体交渉の方式及び手続に関する労働協約第5条に基づき、下記の要
求事項にかかる団体交渉を申し入れます。早急にご準備いただきますよ
う、お願いいたします。また、交渉日までに文書による一次回答をご提
示いただきますよう要請いたします。

【要求事項】2018年5月13日に京都大学法人が撤去した職員組合の看
板を元の状態に復すること(2019年2月22日団体交渉の継続案件)。

【要求趣旨】

 2019年2月22日の本件にかかる団体交渉における森田理事の次の回答に
ついて異議を述べる。

《回答引用1》
“正確に言うと、国立大学法人京都大学が案内用だとか、管理用に設置
しているもの、これについては出来る限り条例を守る努力義務がかかっ
ているのですけれども、撤去しなければならない、というほど厳密に厳
しいものではないと。他方、それ以外のものは条例違反であると。私ど
もは、立看板規制を制定する際には職員組合の設置されているものにつ
いては当然、どうなるのかということは十分気をつけなければいけない
という認識をもっておりましたので、職員組合の出されているものにつ
いても京都市に問い合わせましたけれども、それも含めて条例違反であ
るという風に京都市からは聞いたところでございます。” 

《回答引用2》
“例えば本部構内図…、大学が立てている、正門のところに例えばあり
ますけれども、本部構内図という建物の配置図の様なものを出している
のです。それから、「バイク進入禁止」だとか「教育・研究環境を阻害
する様な立ち入りは禁止」だとかそういう管理用の表示も出しておりま
す。そういった大学として出しているものですでに上限を超えていると
いう風にしか説明を受けていないところであります。”

 こうした森田理事の回答について、私たちは本年4月18日に京都市都市
計画局に訪問して聞き取り調査を行った。同局担当者の回答を要約する

1 百万遍に掲出されていた複数の立看板の総体として条例に違反した
状態にあると伝えたが、個別の看板について条例に違反しているかどう
かの指摘はしていない。

2 京都市としては総体として条例基準の範囲に収められていればよく、
表示される看板の価値判断はしない。京都大学法人が職員組合の看板の
掲出を認め、それを含めて基準内に収まっているのであれば、それにつ
いて何か申し上げる立場にない。

3 「バイク進入禁止」などの表示は管理表示であるので15㎡の規制に
は算入しない。京都大学本部キャンパスの場合、15㎡とは別に管理表示
は30㎡まで掲出可能である。

1については虚偽の回答または誤認情報に基づいた回答をしていたこと
になる。2については、さらに大きな問題がある。2017年秋以降の京都
市の指導を理由とした立看板にかかる京都大学法人から職員組合への一
連の説明において、条例で許容される15㎡の中に職員組合の看板も含め
得るという情報を一切示さずに、キャンパス外構に掲出している職員組
合の看板を全て撤去することを求めている。加えて、3にあるように15
㎡に算入すべきでない管理表示を含めて条例違反の状態にあると説明し
ていた。
理事は前回の交渉で、キャンパス内側に具体的な代替設置場所を職員組
合に提案し、それに職員組合が応じなかった云々の主張をしていた。し
かし、そもそもの要因である条例の規制について虚偽または誤認した条
件に基づいた説明を職員組合に行ってきたことが明らかになった。こう
したことから、職員組合の看板を京大法人が強制撤去せざるを得なかっ
たとする釈明を認めることはできない。よって、まずは職員組合の看板
を強制撤去前の状態に復した上、一からの交渉をもとめるものである。

16:30 | 投票する | 投票数(1) | 団交・要求活動