New!

 RSS
来週、12/16(月)15:00~ ミニ講義:「消費税を減税せよ~衰退途上国・日本を救う唯一の...12/10 17:15
 来週、12/16(月)の15:00~ミニ講義(オープン企画)を実施します。  今回は、藤井 聡 氏に「消費税を減税せよ ~衰退途上国・日本を救う唯 一の方法~」というタイトルでお話しをしていただきます。 ↓ 藤井 聡 氏ミニ講義(オープン企画)チラシURL http://files.kyodai-union.gr.jp/doc/minilecture/191216hujii.pd...
Index 12/2〜12/812/09 12:05
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title:「国に振り回されないで」 記述式見直しに教育現場は Source:朝日新聞デジタル Date:2019/12/06 https://www.asahi.com/articles/ASMD55H18M...
福利厚生案内誌 Union Welfare 2019 Autumn を発行しました12/06 15:35
【特集】相続ルールが大きく変わりました【京大職組の福利厚生事業のご案内】★京都第一法律事務所★法律相談★心の健康相談★子育て・保育園相談☆提携事業者の広告 ※Web版には不掲載★英会話教室★生け花教室★うたごえ喫茶★住宅取得割引き★近畿ろうきん 住宅ローン "住宅+500"★職員組合の主な催事ご案内(半期)☆Voice 利用者(組合員)の声 高山佳奈子さん(教員)★ミニ講義アーカイブス紹介★...
福利厚生案内誌 Union Welfare 2019 Winter を発行しました12/06 15:14
【特集】年金ってどうなってるの? 前編:年金のしくみ【京大職組の福利厚生事業のご案内】★近畿ろうきん iDeco★法律相談★心の健康相談★子育て・保育園相談★住宅取得割引き★英会話教室★生け花教室★うたごえ喫茶★職員組合の主な催事ご案内(半期)☆Voice 利用者(組合員)の声 Y.F.さん(図書館職員)★京都第一法律事務所★提携事業者の広告(1)〜(3) ※Web版には不掲載★ミニ講義告知...
Index 11/25〜12/112/02 17:00
Facebookページ:https://www.facebook.com/KyodaiUnion/ Twitter:https://twitter.com/kyodai_union Title :英語民間試験、国立大学の大半が必須としない方針に転換 Source :大学ジャーナルオンライン Date :2019/12/01 https://univ-journal.jp/29187/ ...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2019/11/29

ミニ講義「大学共通テスト、その何が問題か」を実施しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office

演 題:「大学共通テスト、その何が問題か」


日 時:2019年11月25日(月) 17:30〜

会 場:京都大学本部キャンパス 総合研究2号館 法科第2教室



【講義概要】
 大学入学共通テストの導入が大きな社会的注目を集めています。英語民間試験の導入と国語・数学における記述式問題の採用が「改革」の目玉とされてきましたが、高校生や高校教師が中心となって地域や経済力による格差を指摘する中で、英語民間試験は必須のことではなくなりました。国語・数学における記述式問題については文部科学省が61億円でベネッセに採点業務を委託することになりましたが、学生アルバイトも利用しての採点で公正・公平を保つことができるのかという疑問が噴出しています。英語について、京都大学は民間試験の成績を「出願資格」の判断に利用するとしていましたが、その方針に問題はなかったのか、考えてみる必要があります。11月29日(金)には各国立大学が2021年度入試の変更点を改めて公表することになっています。京都大学はどのような判断をすべきでしょうか?
 そもそもなぜ、このような入試「改革」がおこなわれたのでしょうか?導入をめぐる手続きはどのようなものだったのでしょうか?英語を「話す」「書く」能力や思考力を養成することが大切だとして、それを実現するために本来ならばどのような入試改革が望ましいのでしょうか? 講師としてお招きする羽藤由美先生(京都工芸繊維大学教授、応用言語学)は、国会でも参考人として意見陳述され、「国立大学は若者を犠牲にすることに加担するな—迷走を続ける英語入試改革の現状」(『岩波書店 科学』2019年9月)などの論考を発表されています。Twitterでは「絶望の極みは、入学者選抜の実施主体である大学の教職員の多くがこの問題に無関心であること」とつぶやかれてもいます。たとえ遅ればせながらでも、「無関心」を克服し、実施主体としての責任を感じることのできる場としたいと企画しました。

12:14 | 投票する | 投票数(0) | ミニ講義