New!

 RSS
宇治支部連合ニュース「相生」2017年度号外第05号を発行しました02/19 14:40
◯例外措置総務部長から宇治地区事務部長へ「是正指導」!今回の是正指導は「例外措置」適用を中止若しくは絞っている部局等では最初!公文書であるので公表すべきでありませんか!《労務管理室からの「是正指導」の趣旨説明(1月30日の事務折衝・予備交渉)》《宇治地区事務部が公募中の2件への応募は拒否!再度の是正指導を要求します。》◯11月30日に京大職組宇治地区各支部から宇治地区各研究所等に要望しました...
立て看板規制に対する声明02/19 11:04
立て看板規制に対する声明 2018年2月19日 京都大学職員組合 中央執行委員会  京都大学においては戦後、学生や教職員などの学内構成員がキャンパス内や周辺に立て看板を設置して学内外に様々なメッセージを発し続けてきた。この営みは伝統的慣行として学内で定着している。昨年末、この営みに大きな変化を強いる動きが生じたが、そこには多くの問題点が含まれている。  私たち京都大学職員組合も、長年...
職員組合ニュース2017年度第06号を発行しました02/16 17:36
○2.5団体交渉報告 5年雇止め条項撤廃は検討もしない!従来の見解を繰り返す京都大学法人・従来の見解を繰り返す京大法人側・時間雇用教職員の勤務実態を顧みない姿勢・そもそも「例外措置」は免罪符にならない・無期転換ルールの施行を機に例外措置の適用を抑制したのではないか・京大法人の姿勢を改めて批判、引き続き要求・交渉を継続する
宇治支部連合ニュース「相生」号外を発行しました02/09 16:55
◯2月5日団体交渉での法人側回答1.「5年上限」撤廃認めない。2.「例外措置」無期転換ルールの適用をさける目的で組織的に雇い止めをしている場合には指導する。『2月5日の団体交渉5年上限撤廃を拒否、例外措置では従来の回答に留まる』《人事課から「是正指導」されるも事態は変わっていない》《2013(H25)年1月頃の文書では「例外措置」適用の厳格化を求めている。これは、検討途上の案であり、当初の2...
対談映像第3弾公開:望月衣塑子 記者 × 高山佳奈子 教授(2017.11.14)02/01 16:33
2017年11月14日、東京丸の内の京都大学東京オフィスにて 東京新聞の望月衣塑子 記者と京都大学の高山佳奈子 教授との対談を実施しました。 下記URLにて対談の映像を掲載した特設ページを公開し、現在までに第3弾(最終回)までの 映像を公開しています。 https://www.kyodai-union.gr.jp/2017taidan/ 2時間を越える企画につき、3分割してご案内いたします...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2018/01/16

対談映像第2弾公開:望月衣塑子 記者 × 高山佳奈子 教授(2017.11.14)

Tweet ThisSend to Facebook | by 栗山@書記次長
2017年11月14日、東京丸の内の京都大学東京オフィスにて
東京新聞の望月衣塑子 記者と京都大学の高山佳奈子 教授との対談を実施しました。
下記URLにて対談の映像を掲載した特設ページを公開し、現在までに第2弾までの
映像を
公開しています。
https://www.kyodai-union.gr.jp/2017taidan/

2時間を越える企画につき、3分割してご案内いたします。
第3弾映像も近日中に公開いたします。

この対談は、
国公労連全大教、京大職組の共同企画で、
年明けに国公労連全大教の月刊誌の記事としても掲載を予定しています。
14:07 | 投票する | 投票数(0)