New!

 RSS
文学部支部機関紙「けやき」No.606を発行しました04/26 18:02
○新年度の挨拶と加入のお誘い文学部副支部長 杉山 卓史○新入教職員歓迎会を開催します!日時:5月15日(火)12:00頃より場所:1F会議室(((文系)共通図書事務室の向い側)★お弁当をご用意致します。ご参加いただける方は、5月11日(金)までに、お近くの支部委員までご連絡ください。宜しくお願い致します。 ○新人インタビュー
職員組合ニュース2017年度号外を発行しました04/23 17:25
○平和と民主主義の危機に立ち向かう〈対談〉高山 佳奈子 京都大学教授×望月 衣塑子 東京新聞社会部記者・軍事優先が国民を貧しくする・「海洋軍事国家」をめざす日本・軍学共同に反対する声明・大学の自治を守る・文系の危機、理系の危機・国家公務員・国立大学教職員へのメッセージ
職員組合ニュース2017年度第07号を発行しました04/19 17:54
○組合に入って、一緒に働きやすくより良い京都大学をつくってゆきましょう京都大学職員組合中央執行委員長 白岩 立彦(農学研究科教授)○京都大学で長く働いてきた有期雇用の方の無期転換が始まります・京都大学で無期転換の対象となる方は?・無期転換するとどうなるのか?・どうすれば無期雇用に転換できるの?・あなたも無期転換の対象かも○第89回メーデー大会2018年5月1日(火)/会場:二条城前開会:午前...
2018年春季 新規採用者(一般職)向け加入勧誘チラシ04/04 15:04
2018年春季版の新規採用者(主に一般職)向けの組合加入勧誘のメッセージを掲載しています。昨年までのバージョンは、職員組合の存在意義や加入意義など理念的なメッセージが中心でした。今回のバージョンは、組合活動の本旨に基づきながらも、加入すれば「あなた」にどんなメリットがあるのかということを書いてみました。
働くあなたの権利の巻(教育職版)2018年度版04/04 14:40
教育職の新規採用の方に組合加入のご案内と併せて配布している、京都大学の勤務条件のあらましを紹介する冊子です。PDF版は見開き表示でご案内します。2006年度に初版を作成し、就業規則の改定にあわせてこの冊子も毎年改訂しています。2018年度版は、俸給表の改訂、経過措置中の扶養手当額の改訂、Column1の文面改訂などを行いました。もし誤りなどを発見されましたら、組合事務所までお知らせください。...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2018/01/29

ミニ講義「ダイズ生産と環境ストレスー耐えるか、逃げるか?ー」の収録映像を掲載しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 栗山@書記次長

講 師:白岩 立彦 氏(農学部支部|農学研究科)

日 時:2017年12月27日(水)昼休み

会 場:組合事務所 会議室

資 料:171227講義で使用したスライド.pdf
※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。    



【講義概要】
 ダイズは、世界の生産量が過去55年間に10.7倍にも増大し、“奇跡の
 作物” と呼ばれます。良質な油とタンパク質の供給源として需要が増
 え続けているためです。しかし、日本のダイズの単収(単位面積当たり
 生産量)は、水稲のそれに比べて、著しく低くかつ不安定です。私は、
 ダイズの単収向上を目指して、いわゆる多収品種を育成するために鍵に
 なる形質や環境ストレスによる収量低下機構などについて、作物生産生
 態学的*な研究をしています。
  圃場の作物は、多かれ少なかれ環境ストレス下にあります。日本のダ
 イズ作では、生育初期が梅雨に当たるので過剰な水分による障害(湿害)
 が多発し、近年、夏に高温乾燥が温度上昇によるマイナスも懸念されて
 います。それらを克服して生産を向上させる方策は、ストレス耐性品種
 を開発すること、およびストレスの発生を回避すること、に大別されま
 す。耐えることと逃げること、どちらが得策か、いくつかの研究を紹介
 したいと思います。

 *作物生産生態学=野外で生育する作物の主に群落を対象にして、生長や
  収穫の大小を決めるしくみを扱う分野。

【講師略歴】
白岩 立彦(しらいわ・たつひこ)
現職:京都大学農学研究科 教授(農学専攻)

略歴
堺市生れ、大津市在住
1995年 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程研究指導認定退学
    名古屋市立大学経済学部専任講師、助教授、
    同大学院経済学研究科准教授、教授を経て
2014年 現職

1982年4月 滋賀県立短期大学農学科助手
1995年4月 滋賀県立大学環境科学部助手
1998年2月 京都大学農学研究科講師
2001年8月 京都大学農学研究科助教授
2006年4月 京都大学農学研究科教授
この間、
1988年6月、1992年1月 フロリダ大学客員研究員

16:22 | 投票する | 投票数(0) | ミニ講義