New!

 RSS
職員組合ニュース2018年度第08号を発行しました03/22 18:13
○例外措置関連の通知が改訂 「更新評価の厳格化」が削除 職員組合の要求が実現・例外措置にかかる不適切な通知を指摘・例外措置制度に変更ないと言うが・「更新評価の厳格化」は例外措置を抑制する・例外措置の積極的な適用を○賃金請求訴訟 国家賠償控訴審判決言渡し原告・控訴人 高山佳奈子(職員組合副委員長・法学研究科教授)
職員組合ニュース2018年度第07号を発行しました03/20 18:41
○「タテカン」団交の報告――職組の要求・質問にまともに答えず、事実を歪曲する京大法人江田 憲治(京大職組中央執行委員会委員長)高山 佳奈子(京大職組中央執行委員会副委員長)栗山 敦(京大職組中央執行委員会書記次長)駒込 武(京大職組中央執行委員会委員)(1)事実関係を無視した不誠実な理事の回答(2)組合の看板はどうして京都市の条例に違反しているのか?――京大法人の不誠実な対応と不充分な回答(...
職員組合ニュース2018年度第06号を発行しました03/08 17:37
○時間雇用教職員の休暇制度が改善されます 職員組合の要求が実現!・年休付与要件の改善・結婚休暇の創設・忌引き休暇取得の要件緩和・年休計画付与の問題点○職員組合は総長宛に下記の要求を行いました2019年5月1日「天皇即位の日」の祝日化により非常勤職員の賃金が減収となることを回避する措置を講ずることを求めます○「高等教育無償化」の選別政策は間違っている京都大学職員組合 中央執行委員長 江田 憲治...
2019年5月1日「天皇即位の日」の祝日化により非常勤職員の賃金が減収となることを回避する措置...03/04 18:10
                            2019年3月4日 京都大学総長 山極壽一 殿                    京都大学職員組合                      中央執行委員長 江田憲治      2019年5月1日「天皇即位の日」の祝日化により 非常勤職員の賃金が減収となることを回避する措置を講ずることを求めます  日頃は京都大学の発展...
福利厚生案内誌 Union Welfare 2019 Spring を発行しました03/01 15:02
【特集】扶養にかかる控除と手当【京大職組の福利厚生事業のご案内】★京都第一法律事務所 案内★法律相談★心の健康相談★子育て・保育園相談★住宅取得割引き★英会話教室★生け花教室★うたごえ喫茶☆Voice 利用者(組合員)の声 那須一夫さん(図書館職員)★近畿ろうきん [ろうきん教育ローン]★住宅所得割引制度 協定事業者の広告(PDF版に掲載なし)

Activity

職組Topics
12345
2019/03/04

2019年5月1日「天皇即位の日」の祝日化により非常勤職員の賃金が減収となることを回避する措置を講ずることを求めます

Tweet ThisSend to Facebook | by office

                            2019年3月4日

京都大学総長 山極壽一 殿

                   京都大学職員組合
                     中央執行委員長 江田憲治

     2019年5月1日「天皇即位の日」の祝日化により
非常勤職員の賃金が減収となることを回避する措置を講ずることを求めます

 日頃は京都大学の発展のためご尽力されていることに敬意を表します。
 さて、ご存知の通り、「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日
を休日とする法律(以後、『天皇即位の日』とする)」の成立により、本年5
月1日が祝日となりました。また、「国民の祝日に関する法律(以後、『祝
日法』とする)」の例により、5月1日前後の4月30日および5月2日も休日と
なり、いわゆるゴールデンウィークと呼ばれる期間が10日間に及ぶことにな
ります。
 当組合としては、一般論として労働者が休息できる休日の増加について反
対するものではありません。しかしながら労働者とは、賃金により生活の糧
を得る者であるので、休日に賃金が得られない労働者にとって休日の増加は、
生計に深刻な打撃を与えます。
 とりわけ本学においては、月給制や年俸制の教職員は、休日が増えても基
本的に賃金額は変わりませんが、時間給や日給で勤務する非常勤職員は、原
則として休日には勤務日が割当てられないため、休日が増えれば増えるほど
減収になってしまいます。労働組合にとって賃金は極めて重要な関心事項で
あるので、この問題を看過することはできません。
 最近の報道では、皇位継承に伴う10連休にかかる政府の対応方針として、
「時給や日給で働く労働者の収入が減ることに備えて、雇用主に対し、有給
休暇としたり、臨時の手当を出したりするなど、適切な配慮を呼びかける」
としたことが伝えられています。
 ついては、少なくとも本年限りの祝日である天皇即位の日の設定に付随し
て祝日法の例により祝日ではない休日となる4月30日と5月2日の両日に関し、
非常勤職員の減収を回避するための特段の措置を講ずることを求めます。

措置例としては、

● この両日が通常であれば勤務が割当てられる曜日である非常勤職員につ
いては、所定勤務時間相当の手当を支給すること。
● 非常勤職員については、この両日を勤務日として割当て、今年に限り2
日間の特別休暇を付与して、この両日に充てる。

 などが考えられます。
 真摯にご検討いただきますよう、よろしくおねがいします。
 なお、本要求は状況により団体交渉要求に追加する場合があることを申し
えます。

18:10 | 投票する | 投票数(2) | 団交・要求活動
2019/02/18

ミニ講義「手取層群のトリティロドン〜世界最後の哺乳類型」の収録映像を掲載しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office

講 師:松岡廣繁 氏(理学部支部|理学研究科 地球惑星科学専攻 地質学鉱物学教室)

日 時:2018年12月21日(金) 昼休み

会 場:組合事務所 会議室

資 料:



【講義概要】
 化石の研究というと、しばしば「世界最古」とか「最大」とか、1番極端であることが価値のように受け取られがちです。ところが、「一番最近まで生き残っていた絶滅生物」という、言わば中途半端な存在が「こんなオモロイ奴おらん!」ということもあるのです。そんな、新しいことが珍しい化石の例を紹介します。
 石川県白山市の桑島という小さな集落の近くに「桑島化石壁」という、約1億3000万年前の地層が露出しているところがあります。明治時代から化石がたくさん産出することで知られ、国の天然記念物にもなっています。1996年から3年間、ここにトンネルを通す工事が行われ、多種大量の化石が発見されました。当時博士課程の院生であった私は頻繁に工事現場を訪れ、現場作業と、「クリーニング」といって化石から岩石を除去する作業に明け暮れました(博士論文の研究テーマは別にあったのですが)。
 この時見つかった「トリティロドン類」という珍しい動物の化石について、それが発見された世界的な意味を、発見時やクリーニングのエピソードを交えて紹介します。気軽な話ですので、気軽にご視聴ください。

【講師略歴】
講義略歴:松岡 廣繁(まつおか・ひろしげ)京都大学理学研究科 助教
1971年 愛知県清須市生まれ
1994年 横浜国立大学教育学部中学校教員養成課程卒業
1996年 京都大学大学院理学研究科博士前期課程修了
1999年 京都大学より博士(理学)授与
同年12月から現職


18:05 | 投票する | 投票数(0) | ミニ講義
2019/02/14

【第2次募集】「大学を壊すな!」賛同署名とメッセージを募集します

Tweet ThisSend to Facebook | by office
賛同署名とメッセージの募集サイト:http://bit.ly/2CV1V3x

 京大職組が加盟する全国団体、全国大学高専教職員組合(全大教)は、


 当初、締切を1月末としていましたが、3月20日まで期限を延長して、
取り組みを継続しています。ご署名・メッセージがまだの方は、是非ともご協力を
お願いいたします。

 こうした取り組みと呼応して、ノーベル賞受賞者を含む研究者の方々が、
「大学の危機をのりこえ、明日を拓くフォーラム」を立ち上げられています。
http://tamutamu2015.web.fc2.com/daigakunokiki.htm

いずれの取り組みも、SNSで情報発信をされています。
積極的にフォロー、シェア、リツイートしていただくことで、この問題がより多くの
方々に知っていただけますので、ご協力をお願いします。

全大教 twitter
 https://twitter.com/zendaikyo01

「大学の危機をのりこえ、明日を拓くフォーラム」twitter
 https://twitter.com/univforum7



16:00 | 投票する | 投票数(0) | 活動案内・報告
2019/02/06

要求書「例外措置を萎縮させている通知等の見直しを求めます」を提出しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office
                            

                            2019年2月6日


京都大学総長 山極 壽一 殿

                     京都大学職員組合
                      中央執行委員長 江田 憲治


     例外措置を萎縮させている通知等の見直しを求めます

 今年度より、改正労働契約法の無期転換ルールによる無期転換申込みが
本格的に始まりました。本学においては、いわゆる「5年条項」が適用さ
れない2005年3月以前から継続して勤務されている時間雇用教職員等の方々
や、例外措置により5年を超えて勤務されている時間雇用教職員等の方々が、
無期転換申込みをなされています。

 しかし、本人が5年を超える雇用継続を望み、職場からも求められ、5年
満期退職した場合も後任補充が必要でその予算があるにもかかわらず、例外
措置の適用を受けられず、本学を去っていく事例も多数生じています。

 これまでの国会審議等でも明らかにされてきたように、無期転換ルールの
法制趣旨は、「有期雇用労働者の雇用の安定を図ること」です。無期転換
ルールを含む労働契約法の改正が成立した段階から、本邦の非正規労働者に
かかる政策は大転換しているのです。

 しかし、こうした労働政策の大転換にもかかわらず、本学においては依然
として法改正以前からの5年雇止めルールが据え置かれています。そればか
りか、これまでの団体交渉でも指摘したように、無期転換ルールの施行に際
しての学内検討においては、むしろ、例外措置の適用を更に抑制するかのよ
うな、検討資料や通知が学内の諸会議に示されています。その反応の一端と
して次の様な問題のある事例が生じています。

(1) 例外措置により5年を超えた時間雇用職員を10年目で雇い止めし、半年
  のクーリング期間を経た後に再度雇い入れた事例。

(2) 例外措置の雇用継続による生じる雇用トラブルの諸経費を教員個人が
  負わなければならないかのように説明する文書を部局が発した事例。

(3) 部局の教員が例外措置を適用すべき時間雇用教職員について、定年
  までの財源見通しを示して部局長に例外措置の適用を要請したところ、
  定年後の再雇用期間の財源見通しまで必要として部局長が拒否した事例。

 無期転換ルールの本来の趣旨に則り、今後さらに人手不足が強まる経済社
会情勢において、有能な人材が本学で継続して勤務することができるように
するため、部局に例外措置の適用を萎縮させている要因である下記の通知・
文書の見直しを求めます。

                 記

 1.「非常勤職員の雇用手続等について(通知)」[2010(平成22)年1月28日
  人事担当理事 通知]に記載されている、「訴訟が起こった場合にその
  解決に要する経費負担」の表記を削除すること。

 2.「時間雇用教職員の勤務評価について」[2013(平成25)年12月19日
  総務担当理事裁定]に記載されている「例外措置適用の厳格化を図る」
  の表記を見直すこと。

  2.1 “更新評価(通算5年例外措置の適用を含む)の厳格化を図ると
    ともに”を削除すること。

  2.2 “次年度への更新を行わないことが決定している場合又は”を
    削除すること。

                               以上

12:00 | 投票する | 投票数(1) | 団交・要求活動
2019/01/23

国家賠償請求事件控訴審口頭弁論および報告会

Tweet ThisSend to Facebook | by office
 1月22日13時30分から、大阪高等裁判所(第14民事部)にて、国立大学法人
に賃下げを要請した行政指導の違法性に基づく国家賠償請求訴訟の控訴審口頭
弁論が開かれました。傍聴と報告会には、京大のほか、大阪大、大阪教育大、
神戸大の各単組、全大教、京大職組OB会の方々合計10名にお越しいただきま
した。

これまでの経過と今回の弁論の報告をする高山副委員長

 京大はすでに労働裁判が2017年6月に最高裁で敗訴となっていますが、大学
法人に十分な財源があったのに国の要請だけで賃下げができるとした内容であ
るため、国の要請自体が違法である(国家財源の確保はすでに運営費交付金の
減額により達成されました)として、2017年3月に京大職組副委員長の髙山が
単独で国家賠償請求訴訟を提起していました。本裁判では、(1)国の要請だけが
京大における賃下げの原因だった(財源不足ではない)こと、(2)国は京大法人
に暴行・脅迫によって賃下げを強制したのではないこと、の2点は当事者間に
争いのない事実とされました。

 2018年9月25日に第一審の京都地裁は原告の請求を棄却する判決を言い渡し
たため、原告が控訴し、今回の口頭弁論を迎えました。一審判決は、賃下げの
行政指導の目的は「国民の理解や納得」であり、国家公務員について賃下げが
行われた以上、国立大学法人においても賃下げを実施することがこれにかな
う、とするものでした。しかし、本件賃下げ当時、国立大学法人の給与は
国家公務員をも大きく下回る水準にあり、国家公務員のみに賃下げが実施され
たとしてもなおこれに届かないものでした。そもそも、世論は「それ自体」
として独立の法律上の行政目的となりうるものではありません。世論の存在
する「根拠」こそが行政目的たりうるのであり、それは合理的な内容でなけ
ればなりません。インターネット上にある、国立大学での賃下げを是とする
意見は、「人材が流出してもよい」とするもの以外発見できません。これは
行政目的たりえません。

 今回の口頭弁論で、控訴人(原告)は、「国はなぜ賃下げの要請ができる
とお考えなのですか? 何の目的もない行政指導は違法ですよね?」と問い
ましたが、国は回答を拒否しました。弁論は結審し、判決言渡しが
2019年3月14日13時30分大阪高等裁判所別館73号法廷に設定されました。

全大教の取り組みを紹介する長山書記長

 その後15時頃まで、中之島図書館ミーティングルームにて、報告会を行いま
した。初めに原告からこれまでの経過についてご説明し、次いで、全大教の
長山泰秀書記長から、全国の裁判の状況をご紹介いただきました。参加者から
は、これからの見通しについての質問や、国立大学関係者にとどまらず社会に
広く問題を訴えていくことが必要だとの意見が寄せられました。最後に、現政
権の「反知性主義」による「嫌がらせの渦」に大学が巻き込まれていくことを
食い止めるために、現在全大教で取り組んでいる「国立大学の運営費交付金
1000億円『評価配分』の撤回を求める賛同署名&メッセージの募集」
を長山
書記長からご案内いただき、拡散を呼びかけました。
(京都大学職員組合副中央執行委員長 高山 佳奈子)

15:55 | 投票する | 投票数(2) | 活動案内・報告
2019/01/17

来週、1/22(火)賃金請求訴訟 国家賠償請求訴訟 控訴審 第1回期日です

Tweet ThisSend to Facebook | by office
 来週、1/22(火)13:30~大阪高裁にてに賃金請求訴訟 国家賠償控訴審 第1回期日が行われます。案内を再送いたします。また、終了後、報告集会を行いますので、そちらもお時間許す限り、傍聴と合わせて可能な方はご参加お願いします。

-----------------------------

 東日本大震災復興の財源捻出を名目とした、京都大学における臨時給与引き下げにかかる、賃金請求訴訟(民事)は2017年6月6日、不当にも上告棄却となりました。

 しかし、判決内容が「国からの要請」を根拠とするものであったため、賃金請求訴訟(民事)で原告団長を務めた高山佳奈子さん(職員組合副委員長|京都大学法学研究科教授)は、国を相手取り国家賠償請求を提起しました。京大職組中央執行委員会は、賃金請求訴訟(民事)に引き続くとりくみとして、共に闘っています。

 国家賠償請求においては主に「東日本大震災復興の財源は国立大学の運営費交付金減額により達成されており、国立大学教職員の賃金引下げを要請する国の行政指導は違法である」と主張しています。

 2018年9月25日の京都地裁判決では請求棄却となりましたが、控訴を申し立て、下記の通り控訴審第1回目の期日が予定されています。

 平日日中の時間帯ではございますが、お時間の許される組合員の方は、ぜひ傍聴にご参加いただければ幸いです。傍聴にご参加いただいた組合員の方には、旅費規程に基づき交通費等をお支払いいたします。


賃金請求訴訟 国家賠償控訴審 第1回期日

日 時:2019年1月22日(火)13:30

場 所:大阪高等裁判所別館7階 第73号法廷
    最寄駅:京阪本線 北浜駅または、なにわ橋駅
報告集会会場:大阪府立中之島図書館 レンタルスペース1 14:00~14:30頃
     ↓会場案内図と道順

備 考:13:00頃に本館ロビーにお越しいただければ京大職組のスタッフがご案内いたします。

16:00 | 投票する | 投票数(0) | 活動案内・報告
2019/01/17

「これ以上、大学を壊すな!」 賛同署名&メッセージ募集にご協力を(全大教)

Tweet ThisSend to Facebook | by office
賛同署名とメッセージの募集サイト:http://bit.ly/2CV1V3x

 京大職組が加盟する全国団体、全国大学高専教職員組合(全大教)は、
「#大学を壊すな 国立大学の運営費交付金1000億円「評価配分」の
撤回を求める賛同署名&メッセージの募集」の取り組みを開始しました。

 政府は、国立大学の基盤的経費である運営費交付金の約1割にあたる
1000億円を短期的な「評価」に基づき配分する方針を示し、2019年1月の
通常国会に提案する予定です。これは、安定的・中長期的な財政基盤が
不可欠な国立大学の教育・研究を壊すものです。

 今後の国立大学のあり方の根幹に関わる重大な事態であり、このことを
ひろく社会に知らせるとともに、こうした政府の方針、予算案に対する
反対・抗議の意思を可視化するために、インターネット上で、全大教
中執声明への賛同署名とメッセージ募集を開始しました。


 組合員、教職員のみなさんをはじめ、多くの方のご賛同とメッセージを
お寄せいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 また、SNSをご利用の方は、ご自身のアカウントにてこの取り組みをご紹介
いただければ幸いです。

 よろしくお願いいたします。

14:53 | 投票する | 投票数(1) | 活動案内・報告
2018/12/18

1/22(火)賃金請求訴訟 国家賠償請求訴訟 控訴審 第1回期日のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by office
 東日本大震災復興の財源捻出を名目とした、京都大学における臨時給与引き下げにかかる、賃金請求訴訟(民事)は2017年6月6日、不当にも上告棄却となりました。

 しかし、判決内容が「国からの要請」を根拠とするものであったため、賃金請求訴訟(民事)で原告団長を務めた高山佳奈子さん(職員組合副委員長|京都大学法学研究科教授)は、国を相手取り国家賠償請求を提起しました。京大職組中央執行委員会は、賃金請求訴訟(民事)に引き続くとりくみとして、共に闘っています。

 国家賠償請求においては主に「東日本大震災復興の財源は国立大学の運営費交付金減額により達成されており、国立大学教職員の賃金引下げを要請する国の行政指導は違法である」と主張しています。

 2018年9月25日の京都地裁判決では請求棄却となりましたが、控訴を申し立て、下記の通り控訴審第1回目の期日が予定されています。

 平日日中の時間帯ではございますが、お時間の許される組合員の方は、ぜひ傍聴にご参加いただければ幸いです。傍聴にご参加いただいた組合員の方には、旅費規程に基づき交通費等をお支払いいたします。



賃金請求訴訟 国家賠償控訴審 第1回期日

日 時:2019年1月22日(火)13:30

場 所:大阪高等裁判所別館7階 第73号法廷
    最寄駅:京阪本線 北浜駅または、なにわ橋駅

備 考:13:00頃に本館ロビーにお越しいただければ京大職組のスタッフがご案内いたします。

18:05 | 投票する | 投票数(0) | 活動案内・報告
2018/11/26

団体交渉を申し入れました

Tweet ThisSend to Facebook | by office
 職員組合は2018年11月26日付けで、下記、要求事項にかかる団体交渉を申し入れました。
 交渉日が固まり次第、組合員のみなさまにご案内いたします。


 (下記、要求書のテキストです。)

2018年11月26日

京都大学総長 山極 壽一 殿

                京都大学職員組合
                    中央執行委員長 江田 憲治

団体交渉申入

 団体交渉の方式及び手続に関する労働協約第5条に基づき、下記の要求事項にかかる団体交渉を申し入れます。早急にご準備いただきますよう、お願いいたします。また、交渉日までに団体交渉前に文書回答をご提示いただきますよう要請いたします。
なお、要求項目の構成につきましては、前回団体交渉申入時に提出した別紙1の「京都大学職員組合2018年度 団体交渉申入予定要求事項」をご参照ください。今回申入れ要求事項についての要求趣旨につきましては追って提出いたします。

1-雇用安定化にかかる要求
1-5.恒常的な業務に従事する特定医療技術職員は、期限の定めのない労働契約に転換すること。

2-賃金にかかる要求
2-3.時間雇用教職員、再雇用教職員、事務職員(特定業務)、特定有期雇用教職員に通勤手当を支給すること。

3-職種・雇用形態別の要求
3-5.看護師の要求
(1)看護師に長日勤手当を支給すること。

3-6.時間雇用教職員の要求
(1)常勤職員と同様の病気休暇を付与すること。差し当たり現在の無給10日間の病気休暇を有給で取り扱うこと。
(2)感染症に罹患の場合には出勤停止(有給)の取り扱いとすること。
(3)年次有給休暇の付与条件・付与日数を常勤職員と同様に取り扱うこと。

18:40 | 投票する | 投票数(1) | 団交・要求活動
2018/11/20

ミニ講義「植民地と戦争の歴史認識 —A首相の戦後70周年談話を手がかりに」の収録映像を掲載しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office

講 師:江田 憲治 氏(人間支部|人間・環境学研究科 共生文明学専攻)

日 時:2018年11月8日(木)昼休み

会 場:組合事務所 会議室

資 料:181108講義で使用したスライド.pdf
※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。    


【講義概要】
中国の近現代史を研究しています。ただし、授業ではやや視野を広げて東アジアの近現代について講義をしたりしています。そこで、近年、気になる東アジアにおける「歴史認識」の問題を、数年前のA首相の「戦後70週年談話」を中心に考えてみたいと思います。為政者が歴史の「事実」を都合のいいように書き換えることは、どこの国でも、またいつの時代でもあることかもしれませんが、だからと言って歴史学が無視していいものとも思えません。あわせて、情報過多の時代、われわれが陥りやすい歴史認識の「ワナ」や、京都大学の一部が積極的に関与したと731部隊について紹介したいと思います。

【講師略歴】
江田 憲治(えだ・けんじ)
現職:京都大学人間・環境学研究科 教授(人間・環境学研究科 共生文明学専攻)

1955年 三重県松坂市生まれ
1978年 京都大学文学部卒業
1980年 京都大学大学院修士課程修了
1985年 京都大学人文科学研究所助手
1989年 京都産業大学外国語学部講師や、
2002年 日本大学文理学部教授
2004年 現職

10:38 | 投票する | 投票数(0) | ミニ講義
12345