New!

 RSS
ミニ講義「植民地と戦争の歴史認識 —A首相の戦後70周年談話を手がかりに」の収録映像を掲載しました11/20 10:38
YouTube:https://youtu.be/T2fxCHx_v7o 講 師:江田 憲治 氏(人間支部|人間・環境学研究科 共生文明学専攻) 日 時:2018年11月8日(木)昼休み 会 場:組合事務所 会議室 資 料:181108講義で使用したスライド.pdf ※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。     ...
ミニ講義「秋田県の掛け合い歌「掛唄」:もうひとつの民謡として」の収録映像を掲載しました11/15 13:15
講 師:梶丸 岳 氏(人間支部|人間・環境学研究科 共生文明学専攻) 日 時:2018年10月30日(火)お昼休み 会 場:組合事務所 会議室 資 料:181030講義で使用したスライド.pdf ※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。 YouTube:https://youtu.be/hgAMB-idtW4 【講義概要】...
【ご支援御礼】吉田事業場過半数代表者候補 田中真介さんに投票を11/13 12:00
ご支援御礼 京都大学 吉田事業場過半数代表選挙は11月9日(金)に投票が行われました。  開票の結果、京都大学職員組合が推薦する田中真介さん(国際高等教育院准教授/京都大学職員組合元副中央執行委員長)が圧倒的信任多数を得て、2019年の吉田事業場過半数代表者に選出されました。田中真介さんへのご支援・投票をいただきましたことに、厚く御礼申し上げます。  吉田事業場過半数代表者となる田中真介さん...
【本日投票日、11:00~14:00です】吉田事業場過半数代表者候補 田中真介さんに投票を11/09 10:00
 本日、11月9日(金)に吉田事業場過半数代表者を選出する投票が実施されます。  京都大学職員組合は、当組合の元副中央執行委員長で国際高等教育院准教授の田中真 介さんを推薦しています。  本日の投票時間は11:00~14:00と短くなっています。お忘れないよう、必ず投票に行 きましょう。  教職員みなさんの信任の一票を田中真介さんにお寄せいただきますよう、よろしくお 願いします。...
【明日です】11/9(金)投票日 吉田事業場過半数代表者候補 田中真介さんに投票を11/08 11:00
 明日、11月9日(金)に吉田事業場過半数代表者を選出する投票が実施されます。  京都大学職員組合は、当組合の元副中央執行委員長で国際高等教育院准教授の田中真 介さんを推薦しています。  11月9日(金)の投票時間は11:00〜14:00と短くなっています。お忘れないよう、必ず投 票に行きましょう。  教職員みなさんの信任の一票を田中真介さんにお寄せいただきますよう、よろしくお ...

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2018/09/07

8月9日に提出した要求書に対する京都大学法人の提案について

Tweet ThisSend to Facebook | by office


2018年9月7日

京都大学 総長 山極 壽一 殿

京都大学職員組合 中央執行委員長 江田 憲治


8月9日に提出した要求書に対する京都大学法人の提案について

 8月9日に当組合から貴職に対し「職員組合の立看板にかかる要求」を提出し、5月13日に京都大学法人が一方的に撤去した職員組合の立看板を8月31日までに元の状態に復することを求めたところである。

これに対し、8月21日に労務管理室を通じて次のような京都大学法人の考えが伝えられた。

(1) キャンパス内側に設置されていた北部キャンパスの2箇所の看板については、元の状態に復する方向で学内手続に着手している。元に復するが、その看板を継続設置するのではなく、北部構内の共用掲示板を利用されることを検討されたい。

(2) (1)以外の箇所については、キャンパス内側に代替の設置場所(別紙)を提案する。

これを受け、職員組合の中央執行委員会が検討した結果、次の結論に至った。

(1)について
不当に撤去された職員組合の看板が元に復されることは当然のことであるので、応じる。北部の共通掲示板の利用は検討するが、既存の職員組合看板の撤去は必ずしも条件としない。

(2)について
京都大学法人が職員組合との数十年にわたる労使慣行を破り、一方的に職員組合の看板を撤去した事実については容認できない。仮に京都大学法人が提案する代替場所への設置を検討しうるとしても、先ずは京都大学法人が職員組合の看板を不当に撤去したという事態が解消されなければならない。
京都大学法人にその意思がないのであれば、行政や司法への法的措置を視野に入れた対応を考えざるを得ない。

以上


17:07 | 投票する | 投票数(2) | 団交・要求活動