New!

 RSS
福利厚生案内誌 Union Welfare 2018 Autumn を発行しました09/12 12:12
【特集】あなたに合った保障の選び方【京大職組の福利厚生事業のご案内】★教職員共済 トリプルガード 案内★法律相談★心の健康相談★子育て・保育園相談★住宅取得割引き★英会話教室★生け花教室★うたごえ喫茶☆Voice 利用者(組合員)の声 川島隆さん(文学研究科 教員)★京都第一法律事務所 案内★近畿ろうきん [ろうきんフレックスローン 自動車]★長谷工システムズ広告(PDF版に掲載なし)★住宅...
9/11 山極総長とのあいさつ会見を行いました09/12 11:33
9月11日(火)午前、山極総長とのあいさつ会見を行いました。 総長とのあいさつ会見は、職員組合の中央役員改選にあたり恒例で行われています。 会見では、政府が示している「国立大学における人事・給与マネジメント改革」をとりあげ、山極総長からその背景や近況についてお話しをうかがいました。 他、5年雇止め問題や立看板問題も話題となりました。 詳報は、後日に発行する職員組合ニュースにてお伝えしま...
職員組合ニュース2018年度第01号を発行しました09/07 17:47
○就任あいさつ京都大学職員組合 2018年度中央執行委員長 江田 憲治(人間・環境学研究科教授)○派遣受け入れ期間延長と過半数代表への意見聴取をめぐって・派遣法改正と京都大学の派遣の実態・過半数代表への意見聴取・法人側の「取り組み」○タテカン撤去に物申す!・~「トップダウンのガナバンス」は大学を滅ぼす!?~ 駒込 武(教育学部支部)・<法的な問題点>高山 佳奈子(法学部支部○京都大学職員組合...
8月9日に提出した要求書に対する京都大学法人の提案について09/07 17:07
2018年9月7日 京都大学 総長 山極 壽一 殿 京都大学職員組合 中央執行委員長 江田 憲治 8月9日に提出した要求書に対する京都大学法人の提案について  8月9日に当組合から貴職に対し「職員組合の立看板にかかる要求」を提出し、5月13日に京都大学法人が一方的に撤去した職員組合の立看板を8月31日までに元の状態に復することを求めたところである。 これに対し、8月21日に労務管...
職員組合の立看板にかかる要求08/09 17:02
2018年8月9日 京都大学総長 山 極 寿 一 殿 京都大学職員組合 中央執行委員長 江田 憲治 職員組合の立看板にかかる要求  京都大学法人は2018年5月13日の早朝、職員組合が設置していた看板を一方的に撤去した。労働組合の表示物は、京都市屋外広告物等に関する条例の規定でも明文列挙により許可不要とされている。職員組合の看板は単体においては同条例の面積基準、色彩基準に...

Activity

職組Topics
12345
2018/09/12new

9/11 山極総長とのあいさつ会見を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by office
9月11日(火)午前、山極総長とのあいさつ会見を行いました。
総長とのあいさつ会見は、職員組合の中央役員改選にあたり恒例で行われています。

会見では、政府が示している「国立大学における人事・給与マネジメント改革」をとりあげ、山極総長からその背景や近況についてお話しをうかがいました。

他、5年雇止め問題や立看板問題も話題となりました。

詳報は、後日に発行する職員組合ニュースにてお伝えします。

握手をする江田中央執行委員長(左)と山極総長(右)

11:33 | 投票する | 投票数(0) | 活動案内・報告
2018/09/07

8月9日に提出した要求書に対する京都大学法人の提案について

Tweet ThisSend to Facebook | by office


2018年9月7日

京都大学 総長 山極 壽一 殿

京都大学職員組合 中央執行委員長 江田 憲治


8月9日に提出した要求書に対する京都大学法人の提案について

 8月9日に当組合から貴職に対し「職員組合の立看板にかかる要求」を提出し、5月13日に京都大学法人が一方的に撤去した職員組合の立看板を8月31日までに元の状態に復することを求めたところである。

これに対し、8月21日に労務管理室を通じて次のような京都大学法人の考えが伝えられた。

(1) キャンパス内側に設置されていた北部キャンパスの2箇所の看板については、元の状態に復する方向で学内手続に着手している。元に復するが、その看板を継続設置するのではなく、北部構内の共用掲示板を利用されることを検討されたい。

(2) (1)以外の箇所については、キャンパス内側に代替の設置場所(別紙)を提案する。

これを受け、職員組合の中央執行委員会が検討した結果、次の結論に至った。

(1)について
不当に撤去された職員組合の看板が元に復されることは当然のことであるので、応じる。北部の共通掲示板の利用は検討するが、既存の職員組合看板の撤去は必ずしも条件としない。

(2)について
京都大学法人が職員組合との数十年にわたる労使慣行を破り、一方的に職員組合の看板を撤去した事実については容認できない。仮に京都大学法人が提案する代替場所への設置を検討しうるとしても、先ずは京都大学法人が職員組合の看板を不当に撤去したという事態が解消されなければならない。
京都大学法人にその意思がないのであれば、行政や司法への法的措置を視野に入れた対応を考えざるを得ない。

以上


17:07 | 投票する | 投票数(1) | 団交・要求活動
2018/08/09

職員組合の立看板にかかる要求

Tweet ThisSend to Facebook | by office

2018年8月9日

京都大学総長 山 極 寿 一 殿

京都大学職員組合 中央執行委員長 江田 憲治


職員組合の立看板にかかる要求

 京都大学法人は2018年5月13日の早朝、職員組合が設置していた看板を一方的に撤去した。労働組合の表示物は、京都市屋外広告物等に関する条例の規定でも明文列挙により許可不要とされている。職員組合の看板は単体においては同条例の面積基準、色彩基準に適合し、設置方法や荒天前の一時撤去などにおいて事故防止の措置も十分に講じられていた。

 正当な労働組合活動の一環として法的に認められ設置されていた職員組合の看板をその意思に反して撤去したことは、労働組合法が定める不当労働行為に該当する。すでに職員組合は5月14日に抗議文6月21日に要求書を提出している。

 8月31日までの原状回復措置またはこれに相当する対応を求める。なされない場合、京都府労働委員会への申立てを検討する。

以上

17:02 | 投票する | 投票数(1) | 団交・要求活動
2018/08/01

ミニ講義「進化・育種・ゲノム編集と養殖魚の品種改良」の収録映像を掲載しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office

講 師:木下政人 氏(農学部支部|農学研究科)

日 時:2018年6月5日(火)昼休み

会 場:組合事務所 会議室

資 料:180605講義で使用したスライド.pdf

※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。    



【講義概要】
2010年ごろから、生物学の世界で「ゲノム編集」という画期的な技術が開発されました。これは、原理的にはあらゆる生物のゲノム(遺伝子配列)の狙った場所を正確に改変することができる技術です。現在、この技術は、医療や農畜産業に利用され始めています。今回の講義では、ゲノムとはどういうものか、進化と育種の関係、ゲノム編集の水産業への応用例の紹介と展望・問題点について紹介します。


【講師略歴】
木下政人(きのした・まさと)
現職:京都大学農学研究科 助教(応用生物科学専攻 海洋生物機能学分野)

略歴
京都大学大学院農学研究科水産学科 博士後期課 修了


10:40 | 投票する | 投票数(0) | ミニ講義
2018/06/21

職員組合の看板を撤去前の状態に復することを求める

Tweet ThisSend to Facebook | by office


2018年6月21日

京都大学総長 山極 壽一 殿

京都大学職員組合  中央執行委員長 白岩 立彦


職員組合の看板を撤去前の状態に復することを求める

 京都大学法人(以後、「法人」)は2018年5月13日の早朝、職員組合が設置していた看板を一方的に撤去した。同5月14日の貴職宛の抗議文(以後、「抗議文」)にも示した通り、職員組合が労働組合活動として看板を掲出することは、数十年にわたり労使間で了解されてきた慣行であり、日本国憲法及び労働組合法で保障されている正当な労働組合活動である。撤去された看板は現在、組合の元にあるが、法人が職員組合の看板を一方的に撤去した不当な行為を不問に付することはできない。
 法人が6月13日に自己のWebページに示したニュースには次のことが述べられている。

なお、本学外構周辺の立看板等については、京都市屋外広告物等に関する条例に抵触するのみならず、道路の不法占用に当たること、歩行者に危険になりかねないことを内容とする市からの指導を受け、また、歩行や児童の通学にとって危険であるなどの周辺住民からの苦情も寄せられているところです。事実、倒れた立看板が通行人に当たって負傷させた事例が過去に複数回起きています。京都市にある大学として本学のみが特例的な扱いを求めうる根拠はなく、法令違反を犯さないよう、引き続き、学生・教職員に求めてまいります。違反が発生した場合には、今後とも大学が立看板等の撤去を行うとともに、再三にわたり法令違反行為を続ける者・団体に対しては、法的な措置を含め、厳正に対処します。
 (下線は職員組合)

 抗議文にも示した通り、労働組合の表示物は「京都市屋外広告物等に関する条例」(以後、「条例」)の規定でも許可不要とされている。職員組合の看板は単体においては条例の面積基準、色彩基準にも適合し、事故防止の措置も講じており、法人のこうした指摘に当たるところはない。

 そもそも、京都大学の伝統的景観および敷地区画の大きさを無視している条例には違憲の疑いがある。また、条例には関係しないキャンパス内側に設置していた職員組合の看板も法人は撤去している。

 一方的に制定した「京都大学立看板規程」を根拠に、正当な労働組合活動の一環として設置されていた職員組合の看板を撤去したことは、労働組合法が禁ずる不当労働行為に該当する。法人だけが特例的にこれを免れる根拠はない。いま現在も職員組合に損害を発生させており、法人がこうした状態を継続させるのであれば、職員組合もまた「法的な措置を含め、厳正に対処する」と言わざるを得ない。

 職員組合は、総論として京都の景観を保全しようとする条例の趣旨を否定しないし、学生団体の活動を差し置いて自己の既得権のみを主張するつもりもない。本学における看板の設置の在り方について、誠実かつ建設的な話合いのテーブルに着く用意はある。
 そのために、まず職員組合の看板を撤去前の状態に復することを求める。

以上

14:44 | 投票する | 投票数(25)
2018/05/18

ミニ講義「少年犯罪をどうみるか ― 近年の実証研究の知見を中心に」の収録映像を掲載しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office

講 師:岡邊 健 氏(教育学部支部|教育学研究科)

日 時:2018年5月11日(金)昼休み

会 場:組合事務所 会議室

資 料:180511講義で使用したスライド.pdf

※映像でも表示されますが、字が小さく読みにくい場合がありますので、お手元用にご利用ください。    



【講義概要】
 少年犯罪は、多くの方が関心を寄せる社会事象のひとつです。
ただ、全体から言えばごく例外的な事件のみに注目が集まる傾向があります。
今回のミニ講義では、私がかかわってきた実証研究の一端を紹介しつつ、
犯罪・非行研究の最新動向にも若干触れながら、日本における少年犯罪に
ついて考えてみたいと思います。
「公式統計からみる非行発生の時系列的変化」「非行経歴データによる非行の
発生態様」といったトピックについてお話しします。

【講師略歴】
岡邊 健(おかべ・たけし)
現職:京都大学大学院教育学研究科教育社会学講座 准教授

略歴
1998年 東京大学教育学部卒業
2002年 東京大学大学院教育学研究科中退
2002年~ 警察庁科学警察研究所研究員
2011年~ 山口大学人文学部講師
2013年~ 山口大学人文学部准教授
2017年~ 現職

17:55 | 投票する | 投票数(3) | ミニ講義
2018/05/14

職員組合の立看板の強制撤去に強く抗議する

Tweet ThisSend to Facebook | by office

2018年5月14日

京都大学総長 山極 壽一 殿

京都大学職員組合  中央執行委員長 白岩 立彦

職員組合の立看板の強制撤去に強く抗議する

 2018年5月13日早朝、京大法人は百万遍界隈をはじめとするキャンパス外構やキャンパス内に設置されていた立看板の強制撤去を行った。京都大学法人による立看板一般の規制に対して、職員組合は2018年2月19日の声明において懸念を表明したところであり、京都大学法人が学生団体等と話合いの場を設けないまま立看板の強制撤去に踏み切ったことは極めて遺憾である。

 今回の立看板強制撤去においては、職員組合の立看板も含まれているが、職員組合は、これに厳重に抗議し謝罪を求めるとともに、撤去した職員組合の立看板の速やかな返却を求めるものである。

 言うまでもなく、労働組合活動は日本国憲法第28条および労働組合法において当然に保障されるものであり、職員組合の立看板の掲出は労働組合活動の一環である。京都大学敷地の施設管理権は京都大学当局(※1)にあるが、職員組合の労働組合活動としての立看板掲出は数十年にわたり認められてきた労使慣行である。京都大学法人は2017年12月19日に突如、「立看板規程」を制定したが、立看板を掲出できる団体は総長が承認する団体(※2)に限定され、職員組合は除外されている。2018年5月7日に、例外規定で部局が特に必要と認める場合には部局管理領域に看板の掲出ができるとの通告があったが、総長や理事などの経営陣と相対し、全学を組織対象とする職員組合に部局管理領域への立看板掲出を示すことは、そもそも見当違いである。また、「立看板規程」の制定から今日までの間に、代替の立看板掲出箇所についての具体的な提案なども一切なかった。

 長年にわたる職員組合の労働組合活動たる立看板掲出を一方的に禁止した上に、代替の掲示場所も提示せず職員組合の立看板を強制撤去したことは、労働組合活動を抑圧する不当労働行為の損害を発生させている。

 京都大学法人は職員組合の立看板を強制撤去した事実について謝罪し、撤去した職員組合の立看板を直ちに返却するとともに、本件の問題解決に向けて速やかに職員組合との交渉のテーブルに着くべきである。

 なお、京都大学法人は立看板規程の制定にあたり、屋外広告物条例に基づく京都市からの指導を契機にしたことを示していたが、同条例9条1項5号で、屋外広告物の表示許可が不要な対象として「団体(営利を目的とするものを除く。)又は個人が政治活動、労働組合活動、人権擁護活動、宗教活動その他の活動(営利を目的とするものを除く。)のために表示する屋外広告物」を挙げるなど、これらの非営利団体には原則とは異なる基準が示されている。また職員組合の看板単体は同条例の広告面積規制の範囲内にあり、色彩基準にも適合している。軽量な素材を用い丈夫なロープで固定するなど安全面にも配慮しており、台風接近などの折には大学法人からの一時撤去の要請にも速やかに対応してきた。今回の強制撤去は、こうした対応・配慮が行われる職員組合の看板や、屋外広告物条例に何ら関係しないキャンパス内側に設置する職員組合の看板も対象とされていたことを指摘する。




(※1)2004年3月以前においては国の機関たる京都大学。2004年4月以降は国立大学法人たる京都大学
(※2)労働組合は日本国憲法及び労働組合法により当然に認められる存在であり、使用者たる京都大学総長に承認される存在ではない。

17:13 | 投票する | 投票数(41) | 団交・要求活動
2018/05/08

5/8(火) 早朝宣伝行動を実施しました

Tweet ThisSend to Facebook | by office
5/8(火) 朝、百万遍通用門にて宣伝行動を実施しました。

4/19に発行した職員組合ニュース2017年度第07号と4/23に発行した同号外
配布し、ハンドマイクにてアピールを行いました。

アピールの様子の収録動画をご案内します。
https://youtu.be/K5YzBQFr6ks


11:25 | 投票する | 投票数(2)
2018/04/03

「京都大学における軍事研究に関する基本方針」を歓迎する

Tweet ThisSend to Facebook | by office

「京都大学における軍事研究に関する基本方針」を歓迎する


2018年4月3日
京都大学職員組合 中央執行委員会

 2018年3月28日、京都大学は「京都大学における軍事研究に関する基本方針」を発表しました。

 防衛省が2015年度から大学に資金を提供する制度(安全保障技術研究推進制度)を開始したことにより、再び学術と軍事が接近しつつある中で、日本学術会議は昨年3月24日、「戦争を目的とする科学の研究は絶対にこれを行わない」(1967年10月20日声明)をはじめ過去の2つの声明を継承するとの態度を明確にしました。このことを受けて、各大学が軍事研究に対してどのような態度を示すかが社会の重大な関心事となっていました。

 職員組合も本学の軍事研究にかかる方針策定の動向に強く関心を寄せてきたところであり、2015年から2017年の3回にわたる山極総長と職員組合中央執行委員長とのあいさつ会見においても意見交換をおこなってきました。

 この度の方針において「本学における研究活動は、社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とするものであり、それらを脅かすことに繋がる軍事研究は、これを行わないこととします。」とする理念を示したことを強く支持します。

 個別の事案を判断する必要がある場合も、「社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とする」という理念に基づき、デュアルユースなどの言葉に惑わされることなく、本学において軍事目的を含む研究が行われることがないよう強く求めます。

17:25 | 投票する | 投票数(4) | 声明・談話・アピール
2018/04/02

4/2病院支部、新採看護師にお祝いの声かけとメッセージカードなどを配布

Tweet ThisSend to Facebook | by office
今朝(4/2)、病院支部は、新規採用の看護師が研修を行う会場前で、お祝いの声かけと病院の先輩たちからのメッセージカードやオリジナル エコバッグをプレゼントするとりくみを実施しました。
私たち一緒に、働きがいのある素敵な京大病院をつくっていきましょう。



09:26 | 投票する | 投票数(1) | 活動案内・報告
12345