New!

 RSS
来週、1/22(火)賃金請求訴訟 国家賠償請求訴訟 控訴審 第1回期日です01/17 16:00
 来週、1/22(火)13:30~大阪高裁にてに賃金請求訴訟 国家賠償控訴審 第1回期日が行われます。案内を再送いたします。また、終了後、報告集会を行いますので、そちらもお時間許す限り、傍聴と合わせて可能な方はご参加お願いします。 -----------------------------  東日本大震災復興の財源捻出を名目とした、京都大学における臨時給与引き下げにかかる、賃金請求訴...
「これ以上、大学を壊すな!」 賛同署名&メッセージ募集にご協力を(全大教)01/17 14:53
賛同署名とメッセージの募集サイト:http://bit.ly/2CV1V3x  京大職組が加盟する全国団体、全国大学高専教職員組合(全大教)は、 「#大学を壊すな 国立大学の運営費交付金1000億円「評価配分」の 撤回を求める賛同署名&メッセージの募集」の取り組みを開始しました。  政府は、国立大学の基盤的経費である運営費交付金の約1割にあたる 1000億円を短期的な「評価」に基づき配分...
福利厚生案内誌 Union Welfare 2019 Winter を発行しました01/08 20:31
【特集】賢く使ってスキルアップ 教育訓練給付金【京大職組の福利厚生事業のご案内】★京都第一法律事務所 案内★法律相談★心の健康相談★子育て・保育園相談★住宅取得割引き★英会話教室★生け花教室★うたごえ喫茶★教職員共済 トリプルガード 案内☆Voice 利用者(組合員)の声 Y.M.さん(時間雇用教職員)★近畿ろうきん [ろうきん住宅ローン 住宅+500]★住宅所得割引制度 協定事業者の広告(...
職員組合ニュース2018年度第04号を発行しました12/28 16:12
○京大職組は国大協の11月2日声明を支持する!中央執行委員会委員長 江田憲治○京都大学職員組合、半年お試し加入○京都大学職員組合、組合費半額キャンペーン○(緊急声明)国立大学の運営費交付金「評価配分枠」の即時撤廃を求めます――政府・財務省は、これ以上大学を壊すな――2018年12月27日 全国大学高専教職員組合中央執行委員会
職員組合ニュース2018年度第03号を発行しました12/28 16:12
○11.6団体交渉報告例外措置の「厳格化」を許さない「問題のあるケース」の実在を理事も認める

Activity

職組Topics >> 記事詳細

2018/11/08

【明日です】11/9(金)投票日 吉田事業場過半数代表者候補 田中真介さんに投票を

Tweet ThisSend to Facebook | by office
 明日、11月9日(金)に吉田事業場過半数代表者を選出する投票が実施されます。

 京都大学職員組合は、当組合の元副中央執行委員長で国際高等教育院准教授の田中真
介さんを推薦しています。

 11月9日(金)の投票時間は11:00〜14:00と短くなっています。お忘れないよう、必ず投
票に行きましょう。

 教職員みなさんの信任の一票を田中真介さんにお寄せいただきますよう、よろしくお
願いします。

 11月9日(金)の投票所一覧は下記URLからご参照ください。

2019年 吉田事業場過半数代表者候補

田中 真介

国際高等教育院 准教授|京都大学職員組合 元副中央執行委員長

立候補にあたっての抱負

〇あなたの1票で、京都大学の職場環境の総合的な改善を
 これまでの過半数代表の方々の努力によって、例えば以前45 分だった「昼
休み時間」が現在は45分と60分のどちらの時間も選択できるよう改められ、45
分を選んだ場合にも15分早く退勤できることになりました。また「創立記念日
の有給休日化」、「非常勤職員の夏期休暇・忌引き休暇」なども実現してきま
した。ですが、常勤職員に支給されている「通勤手当」などの諸手当が非常勤
職員には支給されていないなど、「同一労働・同一賃金」の観点からも立ち遅
れている大事な課題があり改善が急務です。
 労基法は、労働時間を「1日8時間、1週間に40時間以下」にするよう定めてい
ます。これを京大法人が「破る」にも「過半数代表」の承認が必要です。労働
時間の制限を「破る」としても、「延長できる時間は週15時間、2週27時間…3
ヶ月120時間、1年36 時間以下」(労働省告示)とすることが望まれます。時間
外労働(超過勤務)が過重にならないように歯止めをかけ、総長を含め京大で
働くすべての人々の生命・健康・発達を尊重し大切にしていけるようにしてい
くことが過半数代表の大事な役割です。今回の選挙でのあなたの1票は、あなた
自身の体を守るための大切な1票となります。

〇来年度に向けて…教職員の健康を重視した制度の導入を
 2019年度には、労働法制の多くの改正が予定されています。「働き方改革」
の一環として、例えば、①年5日の年休付与の義務化、また、②「勤務間インタ
ーバル制度」の導入が提起されました。この制度は、勤務終了後、次の始業ま
でに一定時間以上の「休息時間」を設け、通常の始業時刻よりもゆっくりと出
勤できるようにして、働く人々の生活時間や睡眠時間を適切に確保しようとす
るものです。私たちの健康を重視したこのような新制度の積極的な導入を京大
法人に働きかけていきたいと考えています。

吉田事業場2019年過半数代表者立候補抱負チラシ

-----------------------------

※病院、桂、宇治、熊取、犬山、大津の各事業場でも過半数代表選挙
が予定されています。今回のお知らせは吉田事業場についての
ご案内となりますので、ご注意ください。

---------------------------

○過半数代表者とは
…労使協定の締結当事者となり、大学側が就業規則を制定・改正するにあたり、意見を申し述べる役割をもちます。労使協定の一例として、残業時間の上限を取り決める、いわゆる「36協定」や、教員に適用されている裁量労働制などがあります。
その他、派遣労働の受け入れ期間を延長する場合、使用者は過半数代表者に意見を求めなければなりません。派遣労働の受け入れが、常用労働の代替になっていないか、雇用の安定を損ねるものではないかといった観点などから過半数代表者は適切な意見を述べることが求められます。
なお、労働組合が、その事業場の過半数の労働者を組織している場合には、過半数代表の選出は不要になります。

11:00 | 投票する | 投票数(0) | 過半数代表